【お便りコーナー】第117回:粉雪先生
お便りコーナー 2022年11月24日 11:00
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である粉雪先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、粉雪先生よりいただきました文面となります。

 初めてお便りします。錬金術師ネリアと魔術師の杖をめぐるお話、『魔術師の杖』シリーズ(https://izuminovels.jp/series/cat/neria/)を連載させていただいている粉雪と申します。

 ずっと読み専でしたが2020年6月より小説家になろう様で『魔術師の杖』の連載を始めたところ、なんと半年もしないうちに書籍化が決まり、1年後には出版されていました。

 11月25日には5巻目となる『魔術師の杖⑤ ネリアとお城の舞踏会』がいずみノベルズ様より発売です。(https://izuminovels.jp/isbn-9784295601333/

 実はこの小説、10万字ほど書いたところでお試しにつけたコンテストタグでは、一次審査にもひっかかりませんでした。

 それなのにある日いきなり、なろうの運営様から「出版社から書籍化の打診が来ています」とメッセージをいただいたのです。

 マジでそんな事があるんですね! 

 ランキング上位の人気作だったりコンテストの入賞作でなくとも、書籍化のチャンスが舞いこんできて、シリーズで出版できたのです。ありがたいこと発売後も安定して売れ続けており、このたび5巻をだすことができました。応援してくださる読者さんのおかげです。

 あとからいずみノベルズの方にうかがったところ、人気がある分野は確かにあるものの、実はいろんなジャンルの本を探して検索をかけるため、人気ジャンルやテンプレにこだわる必要はないとのこと。

 今はWEBコミックの原作になるような短編や中編も人気です。私の場合は出版社さんがちょうどシリーズとして育てられる、レーベルの核となる長編を探しておられました。

 数十万字を超える長編を書く人は少なかったのと、いくつもの幸運が重なった結果です。

 もちろん出版してからのほうが大変で、慣れない書籍化作業に四苦八苦し、なろうの連載も続けたいしで……8kgも体重が減り、職場で倒れて迷惑をかけて自己嫌悪に陥ったことも。

 それでも泣きながら書きあげたその部分が、読者さんからも「この場面が一番好き」と言っていただくシーンとなり、ある意味シリーズ化を決定づけてくれました。今回それが5巻の表紙となっています。

 今回は書籍化を通して、私が感じたことを5つお伝えしようと思います。

 1.自分の好きなように書いていい。

 私は書店で売られているふつうの小説よりも、小説家になろうに掲載されている小説を読むのが好きです。
 何よりも書き手の皆さんの発想が自由で、ご自分の『好き』をとことん追求して書いておられるのが、とても楽しそうです。
 いずみノベルズの編集長さんからも「粉雪さんはこれがデビュー作ですから気の赴くままに書いて、ご自分のスタイルを確立してください」と言われました。とくに内容に関して注文をつけられることもありませんでした。

 楽しいのが一番、好きなように書いていいのです。

 2.タイトルはよく考えよう。

 これは自分の反省で、『魔術師の杖』というタイトルは何も考えずにつけました。錬金術師のヒロインが活躍する話なのに。

 3.いま投稿する『一話』が面白いか、常に意識する。

 何十人と読みにこられても、「続きが読みたい」とブックマークしてくださるのはほんの数人です。けれどそれを数百話積み重ねてここまで来ました。

 4.話を無理に考えない。

 私はあまり話を考えません。というのも一生懸命に考えた話はたいして面白くないのです。夢にみた場面をバッと書き起こしただけの投稿を、「一番ココが好き」といってくださる読者さんもいます。
 もちろん小説理論とかを勉強してきちんとプロットを練って書く方はすごいですし、自分もちゃんとやれたら……とは思いますが、結局自分の中から湧きだしてくる物語が一番自然です。

 5.疲れたら休んでもいい。

 忙しいと時間がない……というより、心が動かなくなります。それで誰かの心を動かせるような物語が書けるわけもなく、私はときどきお休みをいただいてます。
 なろうは読む読まないも自由なら、書く書かないも自由です。「書けない」と感じたら無理せず休んでも大丈夫。私が数ヵ月お休みをしたとき、ブックマークは減るどころか増えました。
 それにどんなに頑張っても、話の節目や読者さんの都合で読みに来る人は必ず減ります。それでも書き続ければ、また新しい読者さんがやってきます。

 最後に……書籍化を決めるのも、その本を購入するか決めるのも読者さんです。どんな出版社よりも先に、誰かがその物語を「面白い」とみつけてくれます。それがなろうのいい所です。

 まずは書くことを楽しんで、ご自分の読者さんといっしょに作品を創りあげてください。

11月25日発売!
『魔術師の杖⑤ ネリアとお城の舞踏会』(https://izuminovels.jp/isbn-9784295601333/
Amazon(https://amzn.asia/d/cSYy7uS
いずみノベルズ様より好評発売中!
『魔術師の杖』シリーズ(https://izuminovels.jp/series/cat/neria/
投稿者:bill