【お便りコーナー】第116回:マナシロカナタ先生
お便りコーナー 2022年11月07日 11:00
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるマナシロカナタ先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、マナシロカナタ先生よりいただきました文面となります。

小説家になろうユーザーの皆様、初めまして。
またお読みいただいた事がある読者の方はいつも応援ありがとうございます。

去る10月25日に、

・子犬を助けたらクラスで人気の美少女が俺だけ名前で呼び始めた。「もぅ、こーへいのえっち......」

という作品でブレイブ文庫よりデビューをいたしましたマナシロカナタと申します。
簡単に作品紹介をいたしますと、第1回一二三書房WEB小説大賞にて≪銀賞≫をいただいた、

・実質同居の幼馴染に振られて暗黒の高校生活を送り始めた俺が偶然、子犬を助けたらクラスで人気の美少女が彼女になった。「もぅ、こーへいのえっち……」

という高校生×高校生のアオハル追体験ラブコメを改題し、前半部分に約5万字の加筆をしたものになります。

幼い頃に元祖SDガンダムとゾイドを友達の家に持ち寄り、今でいう異世界ファンタジー風のお話をみんなで一緒に作りながら遊んでいた自分が、こうやってデビューすることができて本当に感無量です。
Web投稿時から作品を応援して頂いた皆様には感謝の気持ちしかありません。

また幼い当時は割りばしに紙を巻きつけて「秘伝の巻物!」とかやって、一生懸命に遊んでいた記憶があります。
記憶違いでなければ巻物には「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」と書いていました。
幼い頃から中二病全開ですね(苦笑)

そんな自分が大人になってからある日突然、一度きりしかない人生だから大好きなライトノベルの作家になろうと思い立ちました。

しかしながら作家になるための壁はとても高く、公募やWeb小説賞では数え切れないほどの落選を繰り返し、デビューをするまでに実に9年の月日が流れました。

受賞に至らないまま数百万字を執筆し続ける間に、いつの間にか携帯電話はスマホに完全に置き換わり。
ガンプラは店頭では買えないのが当たり前になり、平成から令和へと元号まで変わってしまいました。
もはや当時とは隔世の感すらあります。

ですがそれでも。
諦めずに書き続けたことで、今回こうして念願のデビューを果たすことができました。

つまり何が言いたいかと申しますと。

もし今、デビューという夢を諦めかけている作者の方がおられましたら、10年近くしつこく書き続けたことでデビューを果たしたマナシロカナタなる作家がいることをぜひ知って欲しいのです。

もちろん、諦めなければ夢がかなうとは申しません。
自分自身、今年の初めに受賞の連絡をいただくまでは「そろそろいい年だし、どれだけ書いても無理だし、いい加減諦めようかな」と思ったことが何度もありました。

それでも最後まで諦めずに書き続けたことが、夢をかなえることができた最も大きな要因だったと思っています。

本当に月並みな意見で恐縮ですが、諦めないことの大切さを伝えることで締めの言葉とさせていただきます。

長文をお読みいただきありがとうございました。
よろしければデビュー作も読んでいただければ嬉しく思います!


▼子犬を助けたらクラスで人気の美少女が俺だけ名前で呼び始めた。「もぅ、こーへいのえっち......」
ブレイブ文庫(一二三書房)

公式:https://www.hifumi.co.jp/lineup/9784891998745/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4891998741/

投稿者:bill