2020-07-16

【お便りコーナー】第86回: そら・そらら先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるそら・そらら先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、そら・そらら先生より頂きました文面となります。

皆様はじめまして。そら・そららと申します。

この度、小説家になろうで掲載していた「転移使い魔の俺と無能魔女見習いの異世界探検記」が「異世界に魂だけ召喚されたので、無能魔女の使い魔(ぬいぐるみ)として生きます」のタイトルでBKブックスさんより発売になりました。

最初に書籍化の打診を受けた時は本当に驚きました。
小説家になろうに登録して書き始めてから一年半。毎日更新しつづけ、多くの人に読んでもらえるように努力をした結果、初めての作品にしてはまずまずの評価を受けたと自負しつつ、まさか書籍化の話が来るとは思ってもいませんでした。
書籍化した名だたる先人たちと比べると、圧倒的に評価値が低かったものですから。チャンスというのはいつやってくるか、わからないものですね。

そんな僕が書籍化を目指す皆さんに、どこまで的確なアドバイスができるかはわかりません。けれどひとつだけ言えることがあります。

僕は自分の書く小説が好きです。自分が作って動かしているキャラクターのことが好きです。本当にかわいいと思っています。
ありがたいことに読んでいただける方が多かった作品ですし、僕以外にも僕の小説を好きな方はいるでしょう。でも好きさで言えば僕が圧倒的に勝っているはずです。
そして、皆さんも同じはずです。自分の小説が好きなのでしょう。

大事なのはその気持ちです。
頑張って書いた小説が、あるいはこれは受けるだろうなと思って投稿した小説が、あまり読まれないこともあるでしょう。

けれどあなただけは、あなたの書いた作品を愛することができる。その気持ちを持ち続けて書くこと。おそらくそれが情熱ってものなのでしょう。
その情熱を持ち続けて書いていたのが、書籍化につながったのではと思っています。

僕の場合はこうだったというアドバイスですけれど、なにかの参考になれば幸いです。
投稿者: koki  linkLink 

2020-07-09

【お便りコーナー】第85回:ああああ/茂樹修先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である ああああ/茂樹修先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、ああああ/茂樹修先生より頂きました文面となります。


 皆様はじめまして、ああああ/茂樹修と思います。

 この度茂樹修の名前で『Fラン生徒は元大賢者 ~先生! 召喚魔法で魔王が来たので早退してもいいですか?~』(URL:https://ncode.syosetu.com/n5983fs/)がBKブックス様より書籍化させていただきました。新着メッセージを頂いた瞬間、「またR指定の基準に抵触したのか……!?」と疑っていたぐらいですので、ご一報頂いた時は心の底から驚いて、そのまま勢いで焼き肉しました。一人で。まだ夢なんじゃないかと疑っているので、とりあえず頬をつねる感覚で書籍情報書いておきます。

◆◇◆◇◆◇
タイトル:Fラン生徒は元大賢者 ~先生!召喚魔法で魔王が来たので早退してもいいですか?~
著者:茂樹修
イラスト:かふか 様
レーベル:BKブックス
出版社:ぶんか社
発売日:2020年7月4日
ISBNコード:978-4821145607
◆◇◆◇◆◇

 さて、小説家になろうを利用している皆様にアドバイスやメッセージというこのコーナーですが、なんと僕は特に人に誇れるものがございません。

 というのも書籍化のお話を頂いた著作ですが、頂いた時のptは700もなく、投稿作品数は短編含めて90作品目ぐらい、ついでになろうを利用し始めたのは2014年、と飛ぶ鳥を落とす勢いで書籍化したりランキングに乗る方と比べるとまさしく牛歩でございます。さらに投稿時代を含めますと、小説を書きはじめてはや10年ぐらいが経過している現状です。

 とまぁこう客観的な情報を並べますと、多分自分にはいわゆる才能的なものは無いのかな、と常々思います。ですがこう書籍化出来たので、自分の経験を少しだけ。

 まずは書くという事ですが、なかなかどうしてモチベーションが上がりませんよね。なので僕はとにかく『気楽に』書くという事を第一にしています。創作に向き合う人の心はそれぞれですが、常に言えるのはとにかく手を動かさなければ何も生まれないという事です。本当は何もしないでお金が貰えれば一番いいのですが……。なのでとにかく一番最初の第一歩を、鼻でもほじりながら動かすのが、10年書き続けられたコツみたいなものなのかなと。

 次に読者の方にメッセージというか感謝の言葉を。もう一つ続けられた理由は、ひとえに皆様から『面白いよ』の一言を頂けたからです。たった四文字ですが作者の才能を保証できる唯一の言葉です。僕自身感想を書いたりするのはすごく苦手で、夏休みの読書感想文も箇条書きで提出したぐらいですので、この一言が口に出せるのはとても素晴らしい事です。

 それこそ才能なんてない僕が、10年で本を出せるぐらいには。
投稿者: koki  linkLink 

2020-07-01

【お便りコーナー】第84回: 天野ハザマ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である天野ハザマ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、天野ハザマ先生より頂きました文面となります。

知っている方はこんにちは、お初の方は初めまして。
 天野ハザマと申します。

 ご存じの方もいらっしゃるかも分かりませんが、この度スクウェア・エニックス様より「金貨1枚で始まる冒険者生活」のコミック第1巻が7月10日に発売になります!
 そしてそのノベル版を発売しておりますツギクルブックス様から咲夜先生の「カット&ペーストでこの世界を生きていく」の続刊を担当することになりました。

 私が小説家になろう様にて掲載を始め、初書籍となる「勇者に滅ぼされるだけの簡単なお仕事です」の発行から……えーと、何年でしたっけ。
 そんな風になるくらい、なんとか現在進行形で作家をやらせていただけております。

 今回の「金貨1枚で変わる冒険者生活」も、素晴らしいコミカライズ作品となっておりますので是非お楽しみいただけたらと思いますが……それはさておきまして。

 この前聞いたのですが、作家として生き残る年数がどうのこうの、みたいな話があるらしいです。
 とても厳しい話ですよね。他人ごとではございません。
 作家デビューが終着点ではないこの世界、私を含め暗闇の中を歩くようなものです。
 それでもどうして書くのか?
 今回はそういったお話を私なりの考えではございますが、語らせていただければと存じます。

 まず、「何故書き始めたのか?」です。
 所謂自分の原点ですが、これは私がファンタジー大好きっ子だからです。
 図書館にある様々なファンタジーを読みつくし、それでも足りずにお小遣いにバイト代で本屋へ走り、今では給料を頂く身分ですがやはりファンタジーを読み漁っています。

 そうしていると、自然と「私ならこうするのに」っていうのが浮かんでくる人が居ます。
 そういった人は必ず自分の理想の世界を求めキーボードに手を伸ばします。

 それでどうなるか? 小説家になろうに辿り着くのです。
「私の愛した世界を知ってほしい、愛してほしい」。これが私の欲求ですが、同じものを抱えた人はきっと多いはずです。
 その結果、凄まじいスピードでデビューする人も居れば、そうでもない人も居るかもしれません。
 私とて、誇れる戦歴は持っておりません。

 それでも、とある日にレーベル様のサイトに記載された、この言葉に私はストンと心に落ちるものがありました。

「冒険ファンタジージャンルにも精通されている天野ハザマ先生」

 冒険ファンタジージャンルに精通。
 ええ、確かに私はそのジャンルを中心に書き続けてきました。
 私の原点であり、原動力であり、情熱を捧げた私の武器。

「好きだからこそ、このジャンルを追い続けた」。

 それはきっと誰かに届くし、響いていく。
 だからこそ皆様、どうか自分の「好き」を諦めないでください。
 そして願わくば、私と「好き」をぶつけ合う仲間になりましょう。

 それでは皆様、これからもどうぞよろしくおねがいいたします!
投稿者: koki  linkLink 

2020-06-03

【お便りコーナー】第83回: 玉露先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である玉露先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、玉露先生より頂きました文面となります。


なろうユーザーの皆様、はじめまして。
玉露と申します。

この度、処女作が書籍化することになりました。
ただのなろう読者の一人な自分でも参考になることがあれば、と思いメッセージを送らせていただきました。
すべての方に有効ではないやもしれませんが、誰かの参考になれば幸いです。

自分が書くうえで気を付けたのは、大きく以下の三点です。

1.読者のときの気持ちを忘れない
2.無理はしない
3.悪いことがあったときの対策を決めておく


1は、自分が読者のときに「こうだったらもっと嬉しい」ということを、自分のできる範囲でしました。

[例]その1
ある程度区切りのよいところまで一気に読みたい派なので、話を分割して更新頻度をあげることを捨てました。
[例]その2
なろうに未登録のときに感想を書けないのが寂しかったので、なろうユーザー以外からも感想を受け付ける設定に変えました。

なろうで人気をあげるために有効とされるHow toはいくつかあると思います。
けれど、それらすべてを無理してまですることはないと思うのです。
読者の自分と書く自分とで相談して、妥協点を模索して進めると連載しやすいと思います。


2は、そのままです。ただ自分を大事にすることです。
プレッシャー(ストレス)はある程度なら、よい刺激になり創作の糧になります。
けれど、耐えられない過度のストレスは、逆にモチベーションをさげ創作の妨げになります。
なので、疲れたり、嫌になったら、休むことを怖がらないでください。遊んでいいんです。
更新しないことを読者様に申し訳なくなることなどがあるかもしれません。しかし、思いつめて書いても辛いだけです。
読者様によい作品を提供したいのであれば、自分を大事にしましょう。休息も創作活動の一環です。

書籍化する量だと連載形式になることが通常です。連載は長い戦いです。だからこそ、自分がどうすれば長期戦を楽しめるか、を考えてください。


3は、誹謗中傷があったときだけではなく、日常生活で体調を崩したり、外的要因で創作困難になることも含みます。
マイナスなことがあったとき、どうしようもないことだとしても、それを「気にするな」は無茶です。
だからこそ、問題解決への対処とは別に、どうやってマイナスになった感情を昇華するか、対策を講じておくといいと思います。リスクマネジメント大事です。
とりあえず、自分を責めないようにしてください。
そのための手段をどうするかは人それぞれです。友人や創作仲間に相談するでも、読者様に現状を打ち明けるでも、気分転換に遊ぶでも、自身に合った方法をとってください。
ちなみに、自分は歌を歌って鬱屈を発散する派です。歌で毒を吐いてもそれは歌詞で、誰にも向かわず毒抜きできるので好きです。
実際に起こってから慌てるよりは、先に考えておいて「じゃあ、こうすればいいや」となる方が、冷静に対処できると思います。もしよろしければ、お試しください。

断続的にでも書き続ける、という【継続力】は書籍化作家さんに必要なスキルの一つだと思いますが、いかがでしょう?
少しでも読まれた方の創作活動が楽しいものになることを祈っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


(以下は、書籍化が嘘じゃない証拠です)

□書籍情報
「乙女ゲーのモブですらないんだが」
著:玉露
絵:條(えだ)先生
出版社:TOブックス
発売予定:2020年8月20日
ISBN:978-4-86699-0279
予価:1,272円+税 
仕様:B6判・並製

※別途、マンガUP!アプリにて、日芽野メノ先生のコミカライズ連載中です。
投稿者: koki  linkLink 

2020-05-26

【お便りコーナー】第82回: はーみっと先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるはーみっと先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、はーみっと先生より頂きました文面となります。


 いつも拝読いただいている方はありがとうございます。初めましての方ははじめまして。はーみっと、と申します。

 この度、「呪印の女剣士」をTOブックス様より、2020年6月10日に出版させていただくことになりました! 全国の書店にて、あるいは電子書籍としてお届けできると思います。
 私は商業化を意識して活動したことはほぼなかったので、お声がけいただいてこのような展開になるとは、望外の喜びです! イラストを担当いただいた又市マタロー様にもステキなイラストをいただき、またコミカライズ企画も動いているので、色々な媒体で皆様に楽しんでいただければと切に願います。

 さて、このコーナーではアドバイスor雑談ということで、私の小説に対する考え方などを少し。

 先達の先生方もおっしゃっていますが、一つには諦めないこと、そして小説を書くことを楽しめているかということに限るでしょう。
 私は元来、物語を読むことは好きでしたが、書くことは大の苦手でした。読書感想文や作文は必ず夏休みの最終日、国語の記述問題はメタメタ。そんな私に小説を書く意欲が芽生えたわけですが、本人は一生懸命書いているつもりでも、あとで読み返すと「うわぁ……これはひどい」と思うことが多々ありました。いや、今でもですね(笑)。文章を上達させることに関しては、永遠に修行を続けることになるでしょう。
 それでも連載開始から10年間、1度も熱意が切れたことはありません。転職があったり生活に変化はありましたが、何とか時間を作って文章を書いてきました。熱意を切らさないコツとしては、色々な趣味を持つこと、気分転換をすることですね。私自身はスポーツも適度に嗜みますし、仕事もあるので兼業作家です。また本は小説、啓発、エッセイ、専門書など雑多に何でも読みます。たまには自分がしていることから目を離して、視点を変えてみることも重要かと思っています。
 そして私の場合だけかもしれませんが、「結末を決めてから書き始める」ということも重要かと思います。呪印の女剣士を思いついた時、最初に考えたのは結末でした。10年かけて到達していないのはどうなんだ、とも思いますが、結末は最初から変わっていません。キャラクタは書いていると勝手に動くので、苦笑いすることはありますが。
 まだまだ伝えたいことはたくさんありますが、あまり長くてもどうかなと思うので、今回はこのあたりで。また皆様のお目にかかる機会があればと思いつつ、拙作を楽しんでいただければ幸い、執筆・創作をされる方には何かの参考になればより幸いです。それでは。
投稿者: koki  linkLink 

2020-05-19

【お便りコーナー】第81回: こげ丸先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるこげ丸先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、こげ丸先生より頂きました文面となります。

 皆様こんにちは。初めての方は、はじめまして。

 この度、2020年5月25日、MFブックス様より
『呪いの魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面の冒険者~』
 第1巻を出版させて頂くことになりました『こげ丸』と申します。

 こちらの作品については、コミカライズの件なども含め、文末でまとめてご紹介させて頂いておりますので、あわせて宜しくお願いします。


 さて、それでは本題である利用者の方に向けたアドバイスを少しさせて頂きたいと思います。


 ……と、言ってみたものの、こげ丸はようやく書籍化して作家デビューすることになったばかりの新人作家です。
 あまり技術的な事や、多くの経験から得た知恵や知識などでアドバイスすることは出来ません。私自身がまだ勉強中の身ですので……。
 ただ、そんな私でも普段から創作活動において、ずっと頑張っていることがあります。

 それは『メモを取ること』です。

 普段の生活の中で、何か気づいた面白いこと。
 唐突に浮かんだ様々なアイデアや設定、仕掛け、世界観。

 何でもかまいません。

 たとえば、何かインパクトのある台詞などでもかまいません。
 その時点で、まだキャラは生み出されていなくても良いんです。

 もちろん、メモが一つだけあっても物語なんて生まれてきません。
 ですが、こんな他愛もないメモでも、何十、何百と増えてきたらどうでしょう。

 私は、これらのメモを「なんとな~く眺め」新作のアイデアやキーになる設定などを生み出しています。

 ブレインストーミングをした事がある方なら、ブレストの後に行うKJ法で作成したマインドマップを、ぼんやり眺める感じが近いかもしれません。
 形をあまり意識する必要はありませんが、興味のある方は、少しブレストを調べてみてはいかがでしょうか。

 ただ、ブレストなどを行わなくても、行き詰った時やネタに困った時などに、アイデアメモを眺めるだけでも解消される事がありますので、あまり最初からやり方にこだわらず、まずはメモを取る事から始めてみてください。

 以上、少しでも皆様の創作のお役にたてれば幸いです。


 最後に少し宣伝を……。


『呪いの魔剣で高負荷トレーニング!? ~知られちゃいけない仮面の冒険者~』

 なろうらしさを残しつつ、熱い王道ファンタジーとして書き上げた作品です。
 書籍版では、Web版で約10万字ほどだった部分を、14万字に大幅加筆、改稿しております。特に戦闘描写は力を入れて改稿しましたので、手に汗握る戦いを是非味わってみてください!

 イラストレーターは会帆先生。本当に素敵なイラストを描いて頂きましたので、小説とあわせてお楽しみください。

 また、コミカライズの作画は佐々川いこ先生。書籍版とは違う魅力にあふれておりますので、コミカライズ版も宜しくお願いします!

◆2020/5/19(火) 異世界コミックにて、コミカライズ先行連載開始
◆2020/5/25(月) MFブックス様より、書籍第1巻発売
 ※各種電子書籍版もあります

 それと、活動報告では作品に関する各種お知らせなどを掲載させて頂いております。キャライラスト(貴重なラフデザイン)なども掲載しておりますので、是非ご覧ください。

 それでは皆さまの創作活動が、これからも明るく楽しいものでありますように☆
投稿者: nana  linkLink 

2020-05-11

【お便りコーナー】第80回: 馬路まんじ@底辺領主&貧乏令嬢&ブレスキ書籍化!先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である馬路まんじ@底辺領主&貧乏令嬢&ブレスキ書籍化!先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、馬路まんじ@底辺領主&貧乏令嬢&ブレスキ書籍化!先生より頂きました文面となります。



みなさまはじめまして!
「底辺領主の勘違い英雄譚」などを書いてる馬路まんじです! ついでにツイッターのほうでバーチャル美少女もやっておりますっ☆
(https://mypage.syosetu.com/1339258/)

えーこのたび、五作目にしてようやく書籍化が決まりました~っ! やったああああああああああああああああ!(´;ω;`)
コミカライズや他二作品の書籍化も決まっておりますので、よければマイページをチェックしてみてくださいっ☆

というわけで、今回はアドバイスなどをするこちらのコーナーに投稿させていただきます。
出版に至るための私からのアドバイスはずはり一つ……『諦めない』ことです!!!
どんなに結果が及ばずとも、諦めていない限りはその経験は糧になります! 過ごした時間は決して無駄になりません!!!
大切なのは努力です。アイデアは全部試しましょう。勇気と希望と夢さえあれば、いつか絶対に目標に辿り着けるはずです!

どうか諦めず、みんなで頑張っていきましょう!
以上ですっ!(´;ω;`)

投稿者: koki  linkLink 

2020-02-17

【お便りコーナー】第79回: 友理 潤先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である友理 潤先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、友理 潤先生より頂きました文面となります。


 はじめまして、友理潤と申します。
この度は『絶対回避のフラグブレイカー 1 美少女吸血鬼に殺されないための27の法則』(レジェンドノベルス)が『小説家になろう』から拾い上げされて2020年3月9日に刊行されることになりましたので、こちらを投稿させていただきました。

書籍化を目指して日々頑張ってらっしゃる皆様に、私が贈る言葉はたった一つです。
それは『ポイントや人気にとらわれないこと』です。

私が『小説家になろう』に投稿した作品のうち、書籍化ないしは小説賞を受賞した作品は4作品となりました。
そのうち3つは『完結時500ポイント』以下です。
今回書籍化する『絶対回避のフラグブレイカー 1 美少女吸血鬼に殺されないための27の法則』も完結時は230ポイントでした。
このように低いポイントでも書籍化されるチャンスは大いにあります。
だからポイントばかりにとらわれてはいけない。堂々と創作すればよいと思っております。

ではいったいどのように作品を作っていったらよいのか。
これは人それぞれ異なるでしょうが、私が大事にしているのはたった二つです。
・自分が伝えたいメッセージを根っことして、しっかり書き上げること
・読者様に読みやすく、分かりやすく、そして心を動かしやすい文章を心掛けること
自分と他人を大切にする心から名作は生まれると信じております。

最後に二つだけ宣伝させてください。
2020年3月9日に『絶対回避のフラグブレイカー 1 美少女吸血鬼に殺されないための27の法則』(レジェンドノベルス)が発売されます。
読了後にとても優しくなれる物語です。どうぞよろしくお願いいたします。

またこちらの刊行を記念して、ブックファーストさんと講談社さんの厚意により、トークショー&サイン会を催すことになりました。
場所は『ブックファースト新宿店』で、日時は2020年3月7日(土)午後1時からとなります。
詳細は2月17日よりブックファーストのホームページで確認できますので、こちらも皆様のお越しをお待ちいたしております。

ではこれからも一緒に楽しく創作活動を頑張っていきましょう!
友理潤でした。
長文をお読みいただき、まことにありがとうございました。
投稿者: zen  linkLink 

2020-01-20

【お便りコーナー】第78回: どまどま先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるどまどま先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、どまどま先生より頂きました文面となります。


 【メンタルって、作家の方々にこそ必要ではありませんか?】

 皆さんこんにちは。どまどまと申します。

 2020年2月10日におきまして、
「平凡な現地人、女神(猫)の加護で転生者に抗え!」
 が出版されることとなりました!
 (作品紹介URL:https://books.tugikuru.jp/20200210-05681/)

 ぜひ、予約や購入していただけますと幸いです!

 さて。
 前回(67回)に引き続き、今回もメンタルについてお話させていただきたいと思います。これを読むことによって、間違いなく作家志望者の方には大きな一歩になると確信しています。

 なぜか。
 執筆時って、皆さん、メンタルがぶれませんか?

 楽しいときもあるでしょう。
 辛いのに無理して書くときもあるでしょう。
 人気が出なくて辛い?
 自分の作品に自信が持てない?
 何度も書き直してしまう?
 厳しい感想がきて書く気をなくしてしまった?

 ……色々ありますよね。
 とてもよくわかります。その気持ちが。

 前回にも書きましたが、このような理由で筆を折った方々を、私は嫌というほど見ています。
 実力はある、書籍化もできる、なのにあと一歩のところで消えてしまった方は沢山います。

 本当にもったいない。

 執筆に重要なのは技術だけではありません。
 こういったマインドも重要なんです。
 にも関わらず、メンタルの悲鳴に気づかずに、テクニックだけをひたすら求め続けている作家さんが非常に多い。

 これを読んでいるあなたも、もしかすればデビュー一歩手前かもしれません。
 だから諦めないでくださいね。
 
 断言しますが、正しく努力し、かつ書き続けていれば、デビューは必ずできます。
 これを読むことによって、《書き続ける》ことがしやすくなるでしょう。残念ながらすべてお伝えするのは難しいですが……。

 さて。
 では書き続けるために大事なポイントを、今回もひとつだけお伝えします。
 
 「自分の立ち位置を知る」

 これが重要です。
 あなたに足りてないものはなんですか?
 
 文章力?
 物語の面白さ?
 キャラクターの魅力?

 それがわかってますか?
 わかったうえで努力できてますか? ただがむしゃらに書いていませんか?

 誰かにこれをアドバイスしてもらうのもいいですが、アドバイスしてもらう人は慎重に選んだほうがいいですね。かなりトンチンカンな助言をしている場面をよく見かけます。

 ご自身の現状が客観的にわかれば、今度はそのために努力できますね。そうするとモチベーションも湧いてくるでしょう。デビューまでの道筋がすこしは見えてくるのではないでしょうか。

 今回はここまでとさせていただきます。
 ぜひ参考にしてみてください。 

 最後に宣伝になりますが、ぜひ、
「平凡な現地人、女神(猫)の加護で転生者に抗え!」
 もよろしくお願い致します!
投稿者: zen  linkLink 

2019-11-18

【お便りコーナー】第77回: 木塚 麻弥先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である木塚 麻弥先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、木塚 麻弥先生よりご連絡いただきました文面となります。


はじめまして。木塚 麻弥(きずか まや)と申します。

拙著『レベル1の最強賢者』が第七回ネット小説大賞にて受賞し、一二三書房様より出版していただいております。

こちらは現在、書籍一巻が発売中です。
(書報:https://syosetu.com/syuppan/view/bookid/3479/)

また、書籍二巻が2019年12月28日(土)に発売されることになりました。

さらにこの作品、コミカライズされております。
私の小説が、漫画になったんです。
『pixivコミック』と『ニコニコ漫画』で掲載されております。
ぜひ、チェックしてください!


さて、このコーナーでは雑談やアドバイスなどを投稿して良いとのことでしたので私は、
・雑談『野生の校正さん』
・アドバイス『ラノベの書き方ルール』
上記二点を投稿しようと思います。


まず、『野生の校正さん』についてです。
小説家になろうには、野生の校正さんと呼ばれる方々が存在します。
校正さんというのは書籍化作業をするにあたって、誤字脱字や表記揺れのチェック、表現の添削(提案)などをして下さる方のことです。
通常は、〇〇文字チェックするのに〇〇円~っていうお仕事をされている方々です。
なろうにはそうした作業を無料で、善意でして下さる方がいます。
知り合いの書籍化作家さんの中にも『野生の校正さんが300件くらい誤字脱字の修正してくれた』と仰っている方がいらっしゃいました。野生の校正さんは、実在するのです。

そして私の作品にも、野生の校正さんがついてくださっています。既に1000件くらいは、その方に修正していただいていると思います。
作品の感想で「読みやすい」と言っていただいたことがありますが、それはおそらく野生の校正さんのお力が大きいのではないかと思います。
本来の私の文章は、ノリと勢いで書くため誤字脱字がすごく多いのです。
ということで私は、野生の校正さんの活動を応援しております。
いつも本当に、ありがとうございます。

また野生の校正さんほどでなくとも、一度でも誤字脱字報告をしていただいた方には、私は作者として大変感謝しています。
作品を少しでも良くしようと、他の方が読みやすくなるだろうと誤字脱字報告をしてくださるそのお気持ちが、とても嬉しいのです。
今後も何卒、よろしくお願いします。


続いて『ラノベの書き方ルール』について。
ラノベには、書き方のルールがあります。代表的なのは以下の通り。

・文頭の字下げ(一文字あける)
・感嘆符(!)や疑問符(?)の後は一文字あける
・!!は!!に、!?は!?に変換する
・「 」の文末に句点(。)を付けない
・罫線(─)や、3点リーダー(…)は2個セット

感嘆符の後を一文字あけるのは、個人的になんか違う気がしたのですが……ルールらしいので、大人しく従うことにしました。

なろうで読まれている作品(ランキング上位のもの)は上記のルールを守っているものが多いので、読む人もそれに慣れています。
ですので、せっかく面白いストーリーを考えることができても、自分ルールで作品を書いてしまうとPVが伸びないことがあります。それは読者さんが『読みにくい』と感じてしまうからです。

もしこれを読んでいるあなたが
『書籍化したい!』
『もっとPVを稼ぎたい!』
などとお考えでしたら、まずはラノベの書き方ルールを意識してみてはいかがでしょうか。


最後にもう少し、宣伝をさせていただきます。

『レベル1の最強賢者 ~呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に~』

書籍一巻 発売中(2019年8月28日 ~)
書籍二巻 発売決定(2019年12月28日 ~)
レーベルはブレイブ文庫となります。

漫画版も連載開始!(2019年11月17日 ~)
→ https://polca.123hon.com/book_series/lv1/

Web版は既に完結しています(全321話)
現在はアフターストーリーを投稿中です。
→ https://ncode.syosetu.com/n1563fd/

活動報告で書籍に登場するキャラクター紹介や、人気投票などもやっています。
→ https://mypage.syosetu.com/mypageblog/list/userid/905624/

何卒、よろしくお願いします。
投稿者: zen  linkLink 

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»