2018-08-17

【お便りコーナー】第65回: 田井ノエル先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である田井ノエル先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、田井ノエル先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして、田井ノエルと申します。
 略してタイノエです。「タイノエ」で検索すると、鯛の中にホームステイする可愛い生物の画像が見られます。※※グロ注意※※

 このたび、「道後温泉 湯築屋 暖簾のむこうは神様のお宿でした」という作品を出版いたします。この作品は、「お客様が神様でして ~道後の若女将は女子高生!~」というタイトルで第6回ネット小説大賞を受賞させていただいたものを改稿・改題しております。双葉文庫より8/8(水)に発売されます。

 わたしは異世界ファンタジー小説を読むのも書くのも大好きです。10年ほど前、初めて新人賞に応募したときから、ずっと異世界ファンタジーを書き続けてきました。
 だから、自分は今後、ずっと異世界ファンタジーを書くと思っていたのです。

「異世界しか書かないんですか?」

 そう言われたのは、ある居酒屋で遠原嘉乃先生(化けてます こだぬき、落語家修行中!/双葉文庫)にスランプを告白したときのことでした。遠原先生は、泣きつくわたしを母性いっぱいの豊満なおっぱいで包んで優しく頭をなでながら、

「最近はライト文芸のジャンルが熱いです。特にご当地は強いですね。タイノエさんは愛媛県在住なので、道後温泉の話など如何ですか?」

 と、話してくれたのです。
 え? わたしが? 道後温泉? はい? え、わたし異世界しか書けないよ?
 そのときは、「君の膵臓食べたい(双葉社)みたいな作品でしょ? 無理です! 現代舞台とか絶対書けないです! 書いたことないです!」と言っていました。
 絶対に無理。書けない。だって、この10年間マトモに書いたことがない。

 けれど、それ以降、わたしの中で引っかかるジャンルになっていました。
 試しに本屋へ行ってライト文芸を見ると……「あやかし」「神様」「グルメ」「ご当地」「恋愛」「お仕事」「ライトミステリー」「青春」「感動」「ほっこり人情」などなどの魅力的なラインナップ。現代舞台ですが、ファンタジーに寄った作品もあるではないですか。そして、思ったよりも軽く読める本ばかり。
 ……ライト文芸、めちゃくちゃ面白いじゃないですか。

 書きたい!(単純)

 こうして書きはじめた作品が「道後温泉 湯築屋 暖簾のむこうは神様のお宿でした」です。いろいろ巡り巡るものがありまして、最終的にコンテストでの受賞、出版という結果に結びつきました。神様が出てくる作品ということで、運が味方してくれたのかもしれません。

 誇れるような実績など、なにも残していないわたしから皆様に言えることは少ないです。でも、自分の可能性を決めつけて挑戦しないのは勿体ないのではないかと思います。
 狭い世界に閉じこもらず、自分の可能性を広げてみては如何でしょう。
 わたしも、今度はファンタジーを含まない作品も書いてみたいと思っています。もう少し挑戦できる。わたしはそう思っています。


 最後になりますが、拙作「道後温泉 湯築屋 暖簾のむこうは神様のお宿でした」をよろしくおねがいします。また、「小説家になろう公式生放送 9/15(土)19:30~」に出演することになっております。是非、ご視聴ください。
・小説家になろう→https://ncode.syosetu.com/n8682ed/
・双葉社公式→http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-52140-5.html
投稿者: kuro  linkLink 

2018-08-03

【お便りコーナー】第64回: 緋色の雨先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である緋色の雨先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、緋色の雨先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めましての人は初めまして、そうじゃない人はいつもありがとうございます。小説家になろうにて作家デビューを果たした緋色の雨と申します。

 私は小説家を本気で目指すようになって約八年。デビューするまでにラノベの賞に、合計三十作品ほど応募しています。
 中には二次選考を通過した作品もあったんですが、それらを含めたほぼすべての作品において、構成がダメ、構成で損をしているなどといったニュアンスの評価をいただきました。

 今回お便りを書かせて頂いたのは、私がどうやって苦手を克服したのか、当時の私と同じ悩みを抱えている人へアドバイスをお伝えしたかったからです。

 結論から言うと、私が苦手を克服できたのは、三幕構成に出会ったからです。
 ちなみに三幕構成というのは、人気映画の共通点として抽出され、漫画、アニメ、小説などなど、様々な分野で利用されている、物語を作るための枠組みのようなものです。
 私はこの構成に出会い、初めてなろうに投稿した作品で、構成もしっかりしているとの評価をいただき、デビューするに至りました。
 もしあのとき三幕構成に出会っていなければ、私は今もデビュー出来ずにいたと思います。

 という訳で、構成がダメだと言われる人、物語が途中でだれると言われる人、このエピソードいらなくない? なんて言われる人、ぜひとも三幕構成をネットで調べてみてください。
 いままでと世界が変わってみえるかもしれませんよ。

 勉強方法ですが、ひとまずはwikiで十分だと思います。ただ、あまりにも詳しすぎて、初めて見るには難しいかもしれません。
 その場合は、三幕構成の参考書をオススメします。

 本の値段が高い、もっと簡単なのから入りたいという方は、緋色の雨、ストーリー制作で検索してみてください。私が自分の勉強用に書いた物がネットに上がっています。
 自分の勉強用に書いたものなので内容がつたなく、解釈が間違っていても責任は持ちませんが……三幕構成を知るとっかかり程度にはなるかもしれません。

 ちなみに、全体のバランスを整えつつ、最後に盛り上げて面白かったと思わせるための手法で、出だしが面白くなるといった効果はあまりありません。
 また、これを使わなければダメという訳でもありません。
 三幕構成を使わずに面白い作品を書く方はたくさんいらっしゃいます。あくまで、私と同じような悩みを抱えている人の助けになるかもしれない、という理由で紹介しました。
 以上、私と同じ悩みを抱えている方のお役に立てたら幸いです。


 最後に、少し宣伝をさせてください。
 7月28日には、UGnovelsから『無知で無力な村娘は、転成領主のもとで成り上がる』の一巻と、Mノベルズから『この異世界でも、ヤンデレに死ぬほど愛される』の二巻が。
 8月10日にはTOブックスから『とにかく妹が欲しい最強の吸血姫は無自覚ご奉仕中!』の一巻が発売いたします。
 一作ずつ紹介していると長くなってしまうので、ここでは割愛。私の活動報告に書影ありで紹介があるので、タイトルで興味を引かれた方はそちらをご覧になって頂けると幸いです。

 そしてもう一つ。
 私は現在、書籍化作品を含む合計5作品を同時に連載中です。新作三作は速めのペースで更新しているので、良かったらご覧ください。
 全部のURLを貼るとたくさんになってしまうので、私のマイページだけ貼っておきます。
https://mypage.syosetu.com/676550/

 それでは、今回はこの辺で、またどこかでお会いしましょう。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-07-09

【お便りコーナー】第63回: 世界るい先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である世界るい先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 世界るい先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして、世界るいと申します。
 この度小説家になろう様に掲載中の「とある英雄達の最終兵器 ~最強師匠陣による育成計画がブラックすぎる件~」がTOブックス様より2018年7月10日に発売されることとなりましたので、一つの夢であったお便りコーナーへのお便りを書かせて頂いております!


 さて、ヒナプロジェクト様から、こちらのコーナーは宣伝じゃなく書籍化を目指す方々へのアドバイスをする場と念を押されていますので、早速書籍化するためのアドバイス(あくまで主観です!)を精一杯伝えさせて頂きたいと思います。



『①外観を気にしよう』

 これは絶対気にした方がいいと思います。字下げ、空白、改行空行、全角半角、表記揺らぎ、誤字脱字、センテンスの長さ、句読点の位置、文法の順番、などです。
 言ってしまえば、これは小説のデザインです。小説にもデザインが存在するんです。書籍化する方々、更に言えばヒット作を飛ばす方になればなるほどこのデザインが綺麗です。(例外は何にだってあるのは置いておきます笑
 
 と、言っている私の作品のデザインは参考にならないと思います(汗)
 是非総合累計ランキングの上位作品の特に後半投稿部分を読んでみてください。ウェブ表示でのデザインとしても大変参考になると思います。


『②奇をてらいすぎない』

 オリジナリティーを出すのは大事です。ですが、あまりにそこに拘りすぎて支離滅裂、意味不明な設定、展開になっていませんか? なぜ皆が似通った作品を出すか。それが面白くて人気が出るからです。スタンダードやテンプレートは悪ではありません。むしろあまりそういった概念を意識せず、面白いものとは何ぞやと今一度自分に問いかけてみてください。登場キャラに個性があればテンプレートでも作品の個性を出せると思います。あと、パクリはだめですよ! 絶対!


『③出し惜しみをしない』

 できるだけ伏線を張って、張って、張って、最後にどーーん!! ってやりたい気持ちはよく分かります。ですが、それは作者のエゴだという考えもあると思うんですよね。面白い展開、場面が思い浮かんだらすぐに出しちゃいましょ? そしてそれより面白い場面を次に持ってくるんです! スカウター然り、懸賞金然り、インフレ上等なんです。その時は最強の敵だったのに、倒せば前回よりちょっと強い最強の敵がまた現れるんです。物語を尻すぼみでなく、右肩上がりに! エンターテイメント性を大事に!
 もちろん伏線を張るなとは言っていません。効果的に出すべきタイミングはあります。ただ惜しまないという一点だけ受け取っていただければと思います。特に冒頭、序盤は大事ですよ!


 とりあえず私からのアドバイスは出し惜しみして三つくらいにしておきます!(笑)もっと具体的なテクニックや創作論などは、私のような新人ではなく、ベテランの先生方がご披露してくれると思いますので……(汗)


 また、私たちの世界には残念ながらステータス表示はなく執筆スキルがあるか分かりませんし、上達しているかも分かりません。それでも一文字打つたびに少しずつ経験値は入ってきます。十万字、百万字、一作品完結、十作品完結。必ず量に伴い質も向上していきます。これは絶対です。


 ただ、その経験値の上がり方に個人差はありますし、書籍化に到れるかどうかは誰にも保証なんてできません。ですが、皆様が一人でも執筆に興味を持ち、投稿し、書籍化されることを私個人は切に願っています。


 最後になりますが、これからもどんどん素晴らしい小説が生まれ、この業界が活性化し、夢を与える憧れの職業として益々発展していくことを祈念し、乾杯の挨拶と変えさせていただきます!


「全ての執筆創作者と読者の方々に乾杯っ!」


 と、忘れちゃいかん。忘れちゃいかん。最後の最後にちょびっとだけ宣伝も置いておかねば、私の作品を出すのに協力して下さった方々に申し訳が立たないので……(汗)


 7月10日TOブックス様から『とある英雄達の最終兵器 ~最強師匠陣による育成計画がブラックすぎる件~』発売です!
 イラストレーターはらむ屋先生! 素晴らしいイラストは書籍化の醍醐味でもあります!
 また「とある英雄達の最終兵器」の作品紹介ですが、ストーリーや設定は正直真新しいものはありません。テンプレートと呼ばれるものでしょう。しかし、キャラには自信があります。そのキャラたちが織りなす物語はたとえテンプレートでも新しく見える筈です!
 どうか、世界るいがここまで偉そうに語るなら読んでみてやるかと本書を手にとって頂き、何かしら糧にしていただけたなら大変光栄です。


 それでは長々と失礼しました!
 何か困ったことや相談があればどうぞツイッターやなろう様内からメッセージ下さい!
 ありがとうございました!!
投稿者: kuro  linkLink 

2018-05-14

【お便りコーナー】第62回: シンギョウ ガク先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるシンギョウ ガク先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 シンギョウ ガク先生よりご連絡いただきました文面となります。



 はじめまして、シンギョウ ガクと申します。

 
 小説家になろうにて、ツギクルブックス様から好評発売中の『Re:ビルド!! ~生産チート持ちだけど、まったり異世界生活を満喫します~』と、今回五月一五日にアーススター・ノベル様から発売することになった『(株)総合勇者派遣サービス ~綺麗なお姉さんと異世界無双ライフ~』の作者をしております。

 本好きから、なろうの読み専、書き手、書籍化作家、複数書籍化作家まで進化させていただきました。別サイトで書籍化した作品を入れると五冊目となり、大変ありがたいことです。

 と、まぁ。ぼっちのおっさんが作家様という肩書きを手に入れたわけですが、これが一〇年前なら絶対にあり得ない状況であるため、当の本人が一番当惑しているといのが、実情といったところでしょうか。

 私は元々、読んで消費する側の人間を長くやってきておりまして、本を読んでは、『俺が考えた世界設定』を書き連ね、飽きたら消すという作業をひたすら一人でやっていた記憶しかない男です。

 本の世界に浸っている時や妄想設定を考えている時は、外界の煩わしさをシャットダウンできるため、最高の逃避場所でした。

 まぁ、やべー奴です。はい。

 そんなやべー奴がまともに物語を書いたのは、なろうへの投稿が初めてでした。

 それまでは、世界観や世界設定、プロットらしきものを書いて満足というか、その先に進めずにいたのですが、ちょうどその時期になろうで異世界転生物が流行しており、一人称視点の作品の書き方というのを見て、『あ、これなら俺でも書けるかも』とか思いました。

 普通のラノベや歴史小説を読んできていた俺にとって、一人称のWEB小説との出会いがなければ、今でもきっと設定とかだけ書いて妄想に浸る生活を送っていたと思いますが、この出会いが、私になろうへの投稿を決意させる大きな要因になったのです。

 それまで書けなかったのが嘘のように、主人公の視点を中心にスラスラと物語が進んでいきました。いやーほんとにビックリするくらい書きやすくなった。

 ただ、文章を書く素養はほぼゼロでしたので、文頭の段落明けやその他色々な文章作法は、なろうの読者の方に教えてもらいながら、書き続けてきました。

 今考えると、そんなレベルでよく投稿したなとも思いますが、当時の私はとても気楽な気持ちで投稿していたと思います。

 どうせ、誰も読まないだろうし、自分の好きな物全部ぶち込んでやれと思い、自分が読みたい優先をドンドン書いて投稿していました。

 それに読者からのダイレクトな感想が返ってくると、『マジで俺の妄想で楽しんでくれているのか』と嬉しくなり、更に投稿を続けていたら本となった次第です。

 人生何が起きるか分からないとかいいますけど、私の場合は作家という肩書が落ちてました。

 ここに至ったのは、応援してくれた読者の方、投稿する場を与えてくれたなろう、そして出版社との縁のおかげだと思っております。

 そして、今ここの場でこうして書いているのも運よく掴んだだけです。

 運とかふざけているのかよとか言う方がいらっしゃるかもしれませんが、私がこの場で書いているのは本当に運でしかない。

 ただ、その運を掴むために折れずに書き続けていたというだけです。
 
 作家になるチャンスというのは、十年、二十年かかる人や書いて数ヵ月でなるという人もいて、本当に人それぞれです。

 この年数やれば必ずなれるというわけでは無いところが怖い。

 なので、なれるなれないの差は、そのチャンスが来るまで折れずに頑張れるかの違いだけだと思います。

 若い書き手さんたちには、是非とも折れずに頑張って書いて欲しいです。

 
 最後に少しだけ宣伝を五月一五日にアーススター・ノベル様より『(株)総合勇者派遣サービス ~綺麗なお姉さんと異世界無双ライフ~』(https://ncode.syosetu.com/n6274ef/)が発売予定なので、店頭で見かけましたら冬馬来彩先生の美麗イラストと口絵だけでもチラ見していただければ嬉しいです。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-05-02

【お便りコーナー】第61回: 霜月零先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である霜月零先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 霜月零先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして。
 もしくはこんにちは?
 霜月は、『しもづき』と濁らせて読んでくださいね。

 さて、この度、生まれて初めて出版させて頂くことになり、お便りコーナーに参加させていただきました。
 このコーナーでは、他作家様へのアドバイスや雑談をとのことで、わたしが書籍化の際にとても困ったことをお伝えしておこうと思います。

 まず最初に。
 書籍化を目指している方は『あとがき』を今のうちに書いておきましょう。

 ……霜月は何をいっているのか。

 いま、この文章を読んだ方はそう思ったのではないでしょうか。
 書籍化もしていないのに、あとがきをなぜ書くのかと。
 あとがきのページ数だって書籍化の際に決まるのであって、そもそもあとがきがないかもしれないじゃないか、と。

 ですが、これは本当にあったことなのですが、わたしは書籍化が決まる前は、あとがきにあれを書こう、これを書こうと、いろいろ沢山思っていたことがあったのです。
 読者様への感謝はもちろんのこと、書籍化へいたるまでのあれこれ等、それこそエッセイにできるのではと思うぐらい沢山のことを思っていました。
 ……思っていた、はずなんです。

 ですがいざ、あとがきのページ数が決まり、さぁ書こうという段階になり……。

 フッ……と。

 冗談みたいに思いが消えて、頭の中が真っ白に。
 きちんと書けるだけの納期を頂いていたにもかかわらず、締め切りぎりぎりまで書き終えることが出来ませんでした。
 皆様への感謝だけは絶対に忘れずにと思っていたので、そこの部分だけはなんとか書けたのですが、もっと丁寧に沢山のことを書けたはずなのにと、読み返すのがとても恥ずかしい状態となってしまいました。
 
 初めての書籍化という嬉しさと共に、自分でも気付かないうちにとても緊張しているのだな、と思います。
 なのでこれから書籍化を目指している皆様に。
 あとがきは、気持ちの余裕があるいま書きましょう!

 
 次に、書籍化の際困ったことその2。

 誤字脱字、表記ゆれの多さです。
 誤字脱字は、何度も読み返していたのになぜ出てくるのか。
 自分で読み返していても気付けないことが多いですよね。
 でも出来るだけ、今のうちから修正しておいたほうが、書籍化の際とても楽になります。
 
『表記ゆれ』については、わたしは書籍化に際して初めて知った言葉でした。
 
『我が儘』『我侭』『わがまま』など、同じ言葉でも違う表記になっている言葉が表記ゆれだそうです。
 わたしが読者として読んでいる時には気付かず、気にしたこともなかったのですが、書籍にする際には統一したほうが良いとのことで、出来る限り統一しました。
 ですがこちら、webで執筆中は誤字脱字以上に気にしたことがなく、大量にあったのです。
 担当様がチェックして下さったのを一点一点修正統一したのですが、校正様のチェックでさらに沢山見つかりまして。
 ですので皆様も表記ゆれは書籍化前からぜひ気にしてみてください。
 わたしのように、大量の修正に慌てることがないといいな、と思います。


 そして最後にCMを。
 第七回アイリス恋愛F大賞にて銀賞を頂き書籍化となりました、

『悪役令嬢の兄になりまして』
 https://ncode.syosetu.com/n2884dl/

 こちらが、一迅社アイリスNEO様にて5月2日発売となります。
 乙女ゲームの悪役令嬢の兄に生まれ変わってしまったラングリースは、果たして破滅の運命から逃れられるのか?!
 どうぞよろしくお願いします。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-04-24

【お便りコーナー】第60回: 田山 翔太先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である田山 翔太先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 田山 翔太先生よりご連絡いただきました文面となります。



 はじめまして、田山翔太と申します。

 平成30年3月25日、オーバーラップノベルスより

「インスタント・メサイア」
(1部:https://ncode.syosetu.com/n8143bt)
(2部:https://ncode.syosetu.com/n8607dt)
(学園IF:https://ncode.syosetu.com/n5938eq)

 という作品が書籍化いたしました。
 皆様方の御声援のお蔭です。誠にありがとうございます。


 さて、この度、小説を書いてらっしゃる皆様、読者の皆様にお伝えしたい事がございまして、恥ずかしながらこちらに投稿させていただいた次第です。


 まず、「小説家になろう」で作品を書いている方へ。

 私の書いている小説は、ラブコメです。ファンタジーです。サイコホラーであり、復讐ものでもあり、純愛の物語でもあります。
 しかし、いわゆる転移ものではなく、転生ものでもありません。
 正直に申し上げますなら、流行から外れているとのご指摘を受けた事もございます。

 ですが、私は私の作品が好きです。
 私自身の作った子です、誰より愛していると胸を張って言えます。
 そしてそれは、私の人生の中で大きな財産となっています。

 作品を書籍にしていただいた事が、ではありません。
 自分が書きたいものを書けた事、そして何より、私が私の作ったものを愛することが出来た、というその事実がより大きな財産となったのです。

 私が作者の皆様に伝えたい事は、結局のところ一つだけです。

 自分の作品を愛してあげてください。
 どのような事があったとしても、そこだけは忘れていただきたくはないのです。

「お前ごときに言われるまでもない」というお怒りの言葉が返ってくることこそ、私が求めるところです。
 その際は不実者ゆえ、内心の喜びを隠せないながらも、深く謝罪いたします。


 読者の皆様へ。

 小説を読む事が楽しい。
 そう感じる感性の方々が、これほど多くにいらっしゃる事。
 その事実に対して、私は大きな喜びを感じています。

 ところで、これはお節介な言葉かもしれませんが、自分が楽しめるジャンルや感性を否定される事があるかもしれません。
 あるいは、小説を読む趣味自体が否定されることがあるかもしれません。

 ですが、どうか胸を張ってください。
 楽しめる「何か」を持っている。
「何か」を楽しめる感性を持っている。
 それは、皆様のとても秀でているところなのです。

 小説は楽しいものです。読む事も、書く事も。
 楽しいものを楽しめる事は、何より素晴らしい事と思料いたします。

 どうかこれからも、何卒小説という媒体を愛していただけますよう、こちらにお示しさせていただきたく。

 ……偉そうな言葉に聞こえてしまったのでしたら、その旨謝罪いたします。


 さて、以上がお話したい事の主眼でしたので、以下はさしたることではございません。
 小説を手掛けておられる方、あるいは「これから書いてみようかな」と思っていらっしゃる方に対し、いくつかを書かせていただきたく。

 恥ずかしながら。
 恥ずかしながらも書いちゃいます。

 私自身が独学でしたので、「これが正しい」と言い切ることなど到底出来ませんが、ちょっとした参考になればと思いお示しいたします。


①プロットについて

 私は、プロットというものを「ストーリーの筋を単純に表したもの」と理解しています。物語の骨組みと表現しても良いのかもしれません。
 あるいは、グラフにおいて測定値等を示すものもプロットと呼ばれますが、まさしくそのとおりで、ストーリーの重要な点を表現したものがそれに当たるかと思います。
 この点を通ってストーリーは進行していくものかと。

 正直、プロットについては、物語の収束点も含めて、なるべく精密に作成しておいたほうがよろしいかと思います。
 勿論、本文を書き進めるうちにどんどんプロット自体も微妙に変わっていくものですが、その際はプロット全体と比較してストーリーに矛盾が無いかを確認するのがおすすめです。
 ストーリーの重要なイベント前などには立ち返って、またプロットに時間を割いたりします。

 その他、あらかじめプロットを重要なイベントごとに項目分けしておき、その下に後々本文となる文章を書いておきますと、自分の中でストーリーの全体像がより掴みやすくなるように思います。
 また、この手法の副産物として、物語の筋に大きく関わらないエピソードなども、どのタイミングで入れるべきかを考えやすくなります。

 欠点としては、プロットに力を入れすぎると本文を書くスピードが落ちる事です。
 ですが、伏線を物語に組み込みたい場合であればこの作業は必須になるかと思いますので、ご留意くださいませ。


②キャラクター設定について

 キャラクターを作る時に一番重要な事。
 それは、「自分がどんなキャラクターが好きか」をあらかじめ整理しておくことです。
 キャラクターを好きになるのってとっても大事。

 自分がそのキャラクターを好きになれないと、あまり物語の中で彼ら彼女らは動いてくれなくなるように思います。
 動かしたくてもストーリー上動かせない場合も多々ありますが……。

 物語上、当然自分の嫌いな性格のキャラクターを出す必然性も出てくるかと思います。

 その時は、彼ら彼女らのエピソードを考えてみて、愛着を持てるようにするのがよろしいかと。

 私は自分の作品のキャラクター、みんな大好きです。

「このキャラクターの気持ちには寄り添えない……!」

 そう思った時、その子の背景を考えまくってみたら、

「なんかちょっと好きかも……」
「いや、やっぱり愛してる!」

 と気持ちが変化していきました。


③その他

 文章は、私にとっては呼吸と同じような物でした。
 書けば、読みたくなる。
 読むと、書きたくなる。
 それを繰り返していると、意外と長く書き続けることが出来ました。

 文章が書けないときには、文章を読みましょう。
 いずれまた書くときに、必ずあなたの糧になります。

 ただし、一点ご承知おきいただきたい事が。
 私が尊敬している先生の言葉に、「下手な稽古、駄目な稽古」というものがあります。

 ものを書くときに当てはめるとしたなら、次のようなものでしょうか。

「はじめは上手く行かなくても、正しいやり方を続けることで成長することは出来ます。
しかし考え無しに、手当たり次第に書くだけでは、文章自体が上手くなることはありません」

 ブーメランです。
 耳が痛い心が痛い。
 正しいやり方を今後とも追い求めます。精進いたします。


 さて。

 このようにお話をさせていただける場を提供いただいた「小説家になろう」様、ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

 これからも、皆様と一緒に、私自身も成長していきたく思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。


 最後に宣伝をば。

 オーバーラップノベルスより「インスタント・メサイアⅠ」(イラスト:cinkai先生)好評発売中です。

 書店さんでお見かけした際には、お手に取っていただければ幸いです。


 特設ページ:http://over-lap.co.jp/narou/865543308
 キャラクターデザイン:http://blog.over-lap.co.jp/instantmessiah_chara
 編集さんとやんちゃした痕跡:http://blog.over-lap.co.jp/aprilfool_instantmessiah

 cinkai先生の美麗イラストが皆様をお出迎えいたします。
 よろしくお願いいたします。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-04-17

【お便りコーナー】第59回: りょうと かえ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるりょうと かえ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 りょうと かえ先生よりご連絡いただきました文面となります。



 はじめまして、りょうと かえと申します。
 小説家になろう様にて「紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~」(https://ncode.syosetu.com/n3668ef/)を連載しております。

 こちらが2018年4月に書籍として発売されるにあたり、今回筆をとらせていただきました。
 アドバイスというよりも、こんなことをしたら書籍化まで行きました、という実体験になります。

 1、ひたすら読んだ
 登録前から現在まで約1年間、小説家になろう様で読んだ文字数は、おそらく2000万字ほどです。文庫本で200冊分になります。
 私が得難いと思ったのは、「書籍になる前」の生原稿が読めることです。公募ではそうはいきません。応募したそのままが世に出ることはないからです。
 web版と書籍版を比べることで、どのようなポイントがあるかも体感的に会得できました。
 これまで公募で駄目だった10年間よりも、遥かに多くのことをこの1年で学べたと思います。

 2、好まれるタグ
 読むのと並行して、いくつかの作品要素やタグに人気があるのがわかってきました。これまでは全くわからなかった「読者像」がぼんやりと掴めるようになっていました。
 今まで意識しなかった要素を書いてみる、という挑戦が出来る様になったのです。
「紅き血」は婚約破棄というオーソドックスな要素を使った作品です。小説家になろう様を読まなければ、この作品は生まれなかったと思います。

 3、得意なことに集中する
 人によって書きやすい場面やキャラは違うと思いますが、小説家になろう様はそれを絞って長期間書ける場でした。
 これは本当に良かったことです。今までの執筆は霧の中を歩いている様なものでしたが、現在は自分の強みを活かせていると思っています。リアルタイムな読者の反応は大きな糧となりました。
 もちろん苦手は少ない方がいいのでしょうが、客観的に得意・不得意がわかるのは非常に有難いことでした。

 以上です。創作は楽しくも辛いことがありますが、続ければそれで良いものです。

 最後に4月12日ノクスノベルス様より発売の「紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~」を宜しくお願いいたします。
 果てのない創作を、できる限り楽しみましょう。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-04-09

【お便りコーナー】第58回: ぐう鱈先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるぐう鱈先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 ぐう鱈先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして、ぐう鱈と申します。

 4月16日にアース・スターノベル様より「ダンジョン農家! ~モンスターと始めるハッピーライフ~」を発売させていただけることとなりましたので、ついにこのコーナーにお便りできる! ということで駄文似て恐縮ですが送らせていただきます。

 さて、テーマが「アドバイス」という事ですが、今まで投稿した皆さまが的確に書いています!
 非常に参考になります!……ぐう鱈のアドバイスなんて必要あるのだろうか……。
 と、ちょっと悩みました。ちょっとだけね。むしろ私だから説得力のあると思って書きたいと思います。

≪アドバイス?≫
 1.どんなモチベーションで書き始めるべきなのか
 2.どんな方法論があるのか
 3.ゴールは実はスタート地点
 4.ファンタジー書いてるけどリアルのお話をしよう


□.1つめ、「1.どんなモチベーションで書き始めるべきなのか」。

 書きたい!で続けられるほど簡単ではありません。書くのには時間がかかるし、想いだけで書いたら途中でわけがわからなくなる。プロットをしっかりしようと思ったらそこで時間切れになってしまう。書き始めても1話2~3時間執筆にかかるし……。
 そこで私の場合は複数の目的、つまりモチベーションをもって挑みました。

≪ぐう鱈のモチベーション≫
 ・最近報告書類しか書いていなかったので、文章としての文を書く
 ・なろうのロジックを体感してみる
 ・読みたい内容の小説がすぐ違う展開に行く。なら自分で書いてやる!

 モチベーションが1本折れようがまだ、我々には2本ある!!
 ……そんな感じでプロット書いたら非常に長くなりました(汗)。
 折れないモチベーション。
 なんてものはありません。分散することでリスクヘッジするのです(ヲイ)。


□.2つめ、「2.どんな方法論があるのか?」

 いろんな人が言っていますが、とりあえずランキング上げる為には同じ趣向の同士を集めて(1作目で大ヒットなんて……貴様ら天才か!あ、天才か……)、その時分に流行ってそうな要素を読んで欲しい内容の上っ面に乗っけて発表です!
 ……。そっ、そんなことで。自分の作品の特徴(上記した自分が書きたい・読みたいこと・読んでほしいこと)をしっかり持つことが大事だと思います。


□.3つめ、「ゴールは実はスタート地点」

 本を作るという事において、書籍化決定は『開始の合図』です。WEB公開しているものをそのまま本にしてしまってはあまり意味がありません。そこから如何に上乗せをし、業界諸先輩方の考え方を学ぶこと、更によくしていくスタートになります。なので作品の芯をしっかり持つことが、書籍化したあと迷わなくて済むかなぁ……なんてね。


□.4つめ、「ファンタジー書いてるけどリアルのお話をしよう」

 私は天才ではないです。高校の時代に賞に応募した小説は酷い内容でした。
 では何故書籍化できたのか?
 それはそれまでの人生の積み重ねから染み出た、人生の味、の様なものだと思います。
 ファンタジーであろうが、SFであろうが、出てくる人間は人間です。人間関係の狭い高校時代に自分ではキャラクターを書くのには限界がありました。ですが社会に出て、リアルで破天荒な先輩や、飛びぬけて冷徹な先輩。まさにオーラをだして圧迫してく上長。色々いたはずです。そんな経験を経てキャラクターを考えたとき、彼らが投影されると現実味を持った魅力的なキャラクター。そしてシナリオに反映してくるはずです。そう、おっさんにチャンスありです。


 という事で、こんな私でも自身の利点を理解すれば書籍化になれます!
 でも……、書きたいんだけどもどうしたらいいのか?
 という方が居ましたら。ちょっとだけ自分で考えたうえで私までご相談ください。
 執筆そっちのけで回答します(あ、これ秘密で)。

 最後にそっと宣伝を……。
 ぐうたら初書籍化作品「ダンジョン農家! ~モンスターと始めるハッピーライフ~」(https://www.amazon.co.jp/dp/4803011796/)が4月16日発売されます。WEB版(https://ncode.syosetu.com/n1787dy/)と見比べてお楽しみいただけると幸いです。

 では皆さん、面白い作品ができたらそっと見に行きます!
 よろしくお願いいたします。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-03-30

【お便りコーナー】第57回: 高井うしお先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である高井うしお先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、高井うしお先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして、高井うしおと申します。小説家になろう様で『金の星亭』繁盛記~異世界の宿屋に転生しました~(https://ncode.syosetu.com/n8313dv/)を連載させていただいております。

 こちらの作品は2017年12月に書籍化いたしました。本当はそのタイミングで、お便りを出したい気持ちもあったのですが……。私自身、この作品が小説をはじめて書いた……いわゆる処女作である為に、皆様にアドバイスをとなるとどうもおこがましい気持ちになってしまい控えておりました。

 そんな私が、なぜ今回こうして筆をとっているかと言いますと……書籍化してからこんな私めなんかに相談をいただく事が少なからずあったからです。

「書籍化したいのですが、どうしたらできますか」
「おもしろいものを書くにはどうしたらいいですか」

 その際に私は……ろくにアドバイス出来ませんでした。何度かその際にお答えしている事ですが、書籍化ってゴールではないんです。これ、スタートでしかないのです。やる事なんて正々堂々自分を削って書いていく事……それ位です。そしてその為の方法なんて私は知りません。ただ、書籍化がゴールだって思っていたら無理かもね、ってくらい。

 待って! 帰らないで! ステイステイ。一応、なんでアドバイスできないのかなーと考えたので少し聞いていってください。
 アドバイスとは自分の理論や方法論を伝える行為じゃないかと私は思っています。最初、私は分析や研究をするタイプではなく野生の感で書いているから、こういった事はできないのだ、と思いました。

 けれど、どーもしっくりきません。野生の作家はいます。確実にいます。けど、それと私はどうも違う。読まれる為に、面白いストーリーの為に頭をひねってウンウン言いながらえっちらおっちら書いている私はどうもそういうタイプじゃない。ただ、それが良い物かダメな物かはなんとなく匂いで分かる。……半……野良かしら……。

 そこまで考えて、ふっと思い出したのです。他の作家さんと決定的に違う自分の特性を。実は私、元役者なのです。執筆歴は1年ちょっとですが、演劇畑で25年ほど創作活動をしておりました。(大学の専攻もソレ関係です)
 ですから、本当に物心ついたときから私は創作活動をしていたのです。それが私のベースになっております。

 ありがたい事に「会話が魅力的」という評価をいただいたりしているのもコレが大きな原因だと思うのです。言語化できないはずです。もうすっかり私の生活に、人生に癒着して一体となっている肉体言語のようなものなのですから。

 それを踏まえて、今一度……アドバイスをするのなら。

「うだうだ言ってねーで、外にでろ!」

 です。待って! 帰らないで! ステイステイ。行くのはコンビニでいいです。そこで店内を見渡してください。商品を選んでいる人の様子は? レジの店員さんの考えている事はなんだろう。新商品のプリンの売りはなんだろう。コンビニに行くだけで読み取れる事って満載なんです。

 日々是全てがネタだと思って過ごしてください。見た事のないものをひとつでも多く見てください。話した事のない人と話して見てください。アンテナを立てて、日々を過ごしてください。書籍化するかは分かりませんが、面白い物が書ける可能性はこれでぐっと上がると私は考えています。

 小説……物語は、それが神でも草でも仮の人格を与えられたものたちの紡ぐものだと思います。だから人間を否定してその受け入れる器官を鈍化させたものに魅力があるでしょうか。中には孤独の中で、熟成されたものをすさまじい輝きで世に放つ方もいます。ですが……そこまで割り切れますかね?

 あと、この方法のいいところはですね、小説家にならなくて、サラリーマンでも公務員でもタクシー運転手でも看護師でも宇宙飛行士でもなんになったって損にはならないってところです。やったね!

 せっかくの創作活動です。くるしー! と言いながらも楽しんで行きたいではありませんか。その創作活動はあなたの人生を彩り豊かなものにしてくれる、私はそう信じています。



 最後に。
 そんな感じで書いた『金の星亭』繁盛記~異世界の宿屋に転生しました~2巻がカドカワBOOKSより4月10日発売されます。
 1巻よりもぐっとキャラクターも増えて、私の(多分)得意とする会話の織りなす人間模様がたっぷりつまっているかと思います。何卒よろしくお願いいたします。
投稿者: nana  linkLink 

2018-01-31

【お便りコーナー】第56回: 初枝れんげ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である初枝れんげ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、初枝れんげ先生よりご連絡いただきました文面となります。



いつもお世話になっております。
小説家になろう様で「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」http://ncode.syosetu.com/n9759dd/ を連載させて頂いている、初枝れんげです。

2月10日に第2巻が無事出版される運びとなりましたので、この場を借りて皆様にはお礼申し上げますとともに、わたしごときが僭越ですが、新人の方へ、どうすれば書籍化できるかについてアドバイスをさせて頂きたいと思い、筆をとらせて頂きました。

前回も1度ここで掲載させて頂いた時は、要するに「自分なりに時間を確保する術を身につけて下さいね」という身もふたもない意見を書いてしまいました。

ですが、よく考えてみれば、新人の方の中には、書きたいのにそもそも筆が動ない、であるとか、キャラクターが書けない、といった類の悩みをお持ちの方も多数いらっしゃるのではないかと思い当たりました。

これは私の不徳の致すところ。

今回はそのあたりについてお話できればと考えています。

さて、書きたいけれど書けない。

分かります。私も十年くらい全然筆が動きませんでした。書きたいけど書けない。つらいところだと思います。

これを解決する手段は大きく2つあると思っています。間違っているかもしれませんが、その時は忘れて下さい。有益な情報だけ、獲得してくださればよいと思います。

まず一つ目。キャラクターを先に作る、ということです。

特にライトノベルというのはキャラクター小説と言われるくらいで、キャラありき、みたいなところがあります。

いきなりオリジナルはつらいかもしれません。そんな時は好きな漫画とか映画とかアニメとかドラマとか、なんでもいいです。何でもいいので、そのキャラクターたちをイメージの中で動かしてください。2人以上、用意して、実際に会話をさせてみてください。

どうでしょうか? 何か始まりませんかね? 喧嘩したり、丁々発止のやりとりをしたり、なぜか意気投合したりするでしょう? しなかったらごめんなさい。

でも、キャラクターはそういうものなんです。そう、キャラクターは勝手に動いて、勝手にストーリーをつむいでくれます。作家の都合なんておかまいなしに。ともかくいう事をきいてくれません! そして、そこから、ストーリーとかプロットとか、そういったものが着想されていきます。それをつなげていけば、小説になるのです。

それが一つ目。キャラクターから物語を構築する方法でございます。オリジナルのキャラクターが出来て勝手に動き始めたら、それは小説の赤ちゃんが産声を上げ始めたと思って差し支えありません!

さて、二つ目。それはプロットから先に作る方法。

プロットなしでババーンといきなり書いちゃえる天才が世の中にはおります。実在します。でも、それはごくわずかっぽく、私も残念ながら天才ではありません。プロットを作って、地道にストーリーを肉付けていきます。

邪魔くさがってプロットを作らなかったり、何となく曖昧な感じにしてしまっている方は、書こうと思ってもその部分で混迷してしまって、筆が止まってしまう。そういう事態に陥りがちです。プロットはストーリーの点であり、そしてその点は「魅力的」でなくてはいけないと私は考えております。退屈な点がないよう細心の注意を払いながら、点を構築する。そうすれば、あとはその点を線でつないでいけば、あら不思議、魅力的な物語=小説になるのですっ?

…と、以上、偉そうに申し上げました。

いかがでしょうか? 読み返してみると当たり前のことしか言ってません。

ですが、この当たり前が出来るようになると、きっと執筆が軽快に、軽やかに、楽しくできること請け合いです!

ぜひ、幸福な執筆ライフを。死ぬまで出来る稀有な趣味ですからね!



あと、最後に少しだけ。

「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」第2巻、TOブックス様より2月10日発売。Web版とは大きく変化した書下ろしストーリーをお楽しみに!

主人公のマサツグ君はもちろん、永遠のライバル・ミヤモト君も大活躍するぞ!
投稿者: nana  linkLink 

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»