2018-04-24

【お便りコーナー】第60回: 田山 翔太先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である田山 翔太先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 田山 翔太先生よりご連絡いただきました文面となります。



 はじめまして、田山翔太と申します。

 平成30年3月25日、オーバーラップノベルスより

「インスタント・メサイア」
(1部:https://ncode.syosetu.com/n8143bt)
(2部:https://ncode.syosetu.com/n8607dt)
(学園IF:https://ncode.syosetu.com/n5938eq)

 という作品が書籍化いたしました。
 皆様方の御声援のお蔭です。誠にありがとうございます。


 さて、この度、小説を書いてらっしゃる皆様、読者の皆様にお伝えしたい事がございまして、恥ずかしながらこちらに投稿させていただいた次第です。


 まず、「小説家になろう」で作品を書いている方へ。

 私の書いている小説は、ラブコメです。ファンタジーです。サイコホラーであり、復讐ものでもあり、純愛の物語でもあります。
 しかし、いわゆる転移ものではなく、転生ものでもありません。
 正直に申し上げますなら、流行から外れているとのご指摘を受けた事もございます。

 ですが、私は私の作品が好きです。
 私自身の作った子です、誰より愛していると胸を張って言えます。
 そしてそれは、私の人生の中で大きな財産となっています。

 作品を書籍にしていただいた事が、ではありません。
 自分が書きたいものを書けた事、そして何より、私が私の作ったものを愛することが出来た、というその事実がより大きな財産となったのです。

 私が作者の皆様に伝えたい事は、結局のところ一つだけです。

 自分の作品を愛してあげてください。
 どのような事があったとしても、そこだけは忘れていただきたくはないのです。

「お前ごときに言われるまでもない」というお怒りの言葉が返ってくることこそ、私が求めるところです。
 その際は不実者ゆえ、内心の喜びを隠せないながらも、深く謝罪いたします。


 読者の皆様へ。

 小説を読む事が楽しい。
 そう感じる感性の方々が、これほど多くにいらっしゃる事。
 その事実に対して、私は大きな喜びを感じています。

 ところで、これはお節介な言葉かもしれませんが、自分が楽しめるジャンルや感性を否定される事があるかもしれません。
 あるいは、小説を読む趣味自体が否定されることがあるかもしれません。

 ですが、どうか胸を張ってください。
 楽しめる「何か」を持っている。
「何か」を楽しめる感性を持っている。
 それは、皆様のとても秀でているところなのです。

 小説は楽しいものです。読む事も、書く事も。
 楽しいものを楽しめる事は、何より素晴らしい事と思料いたします。

 どうかこれからも、何卒小説という媒体を愛していただけますよう、こちらにお示しさせていただきたく。

 ……偉そうな言葉に聞こえてしまったのでしたら、その旨謝罪いたします。


 さて、以上がお話したい事の主眼でしたので、以下はさしたることではございません。
 小説を手掛けておられる方、あるいは「これから書いてみようかな」と思っていらっしゃる方に対し、いくつかを書かせていただきたく。

 恥ずかしながら。
 恥ずかしながらも書いちゃいます。

 私自身が独学でしたので、「これが正しい」と言い切ることなど到底出来ませんが、ちょっとした参考になればと思いお示しいたします。


①プロットについて

 私は、プロットというものを「ストーリーの筋を単純に表したもの」と理解しています。物語の骨組みと表現しても良いのかもしれません。
 あるいは、グラフにおいて測定値等を示すものもプロットと呼ばれますが、まさしくそのとおりで、ストーリーの重要な点を表現したものがそれに当たるかと思います。
 この点を通ってストーリーは進行していくものかと。

 正直、プロットについては、物語の収束点も含めて、なるべく精密に作成しておいたほうがよろしいかと思います。
 勿論、本文を書き進めるうちにどんどんプロット自体も微妙に変わっていくものですが、その際はプロット全体と比較してストーリーに矛盾が無いかを確認するのがおすすめです。
 ストーリーの重要なイベント前などには立ち返って、またプロットに時間を割いたりします。

 その他、あらかじめプロットを重要なイベントごとに項目分けしておき、その下に後々本文となる文章を書いておきますと、自分の中でストーリーの全体像がより掴みやすくなるように思います。
 また、この手法の副産物として、物語の筋に大きく関わらないエピソードなども、どのタイミングで入れるべきかを考えやすくなります。

 欠点としては、プロットに力を入れすぎると本文を書くスピードが落ちる事です。
 ですが、伏線を物語に組み込みたい場合であればこの作業は必須になるかと思いますので、ご留意くださいませ。


②キャラクター設定について

 キャラクターを作る時に一番重要な事。
 それは、「自分がどんなキャラクターが好きか」をあらかじめ整理しておくことです。
 キャラクターを好きになるのってとっても大事。

 自分がそのキャラクターを好きになれないと、あまり物語の中で彼ら彼女らは動いてくれなくなるように思います。
 動かしたくてもストーリー上動かせない場合も多々ありますが……。

 物語上、当然自分の嫌いな性格のキャラクターを出す必然性も出てくるかと思います。

 その時は、彼ら彼女らのエピソードを考えてみて、愛着を持てるようにするのがよろしいかと。

 私は自分の作品のキャラクター、みんな大好きです。

「このキャラクターの気持ちには寄り添えない……!」

 そう思った時、その子の背景を考えまくってみたら、

「なんかちょっと好きかも……」
「いや、やっぱり愛してる!」

 と気持ちが変化していきました。


③その他

 文章は、私にとっては呼吸と同じような物でした。
 書けば、読みたくなる。
 読むと、書きたくなる。
 それを繰り返していると、意外と長く書き続けることが出来ました。

 文章が書けないときには、文章を読みましょう。
 いずれまた書くときに、必ずあなたの糧になります。

 ただし、一点ご承知おきいただきたい事が。
 私が尊敬している先生の言葉に、「下手な稽古、駄目な稽古」というものがあります。

 ものを書くときに当てはめるとしたなら、次のようなものでしょうか。

「はじめは上手く行かなくても、正しいやり方を続けることで成長することは出来ます。
しかし考え無しに、手当たり次第に書くだけでは、文章自体が上手くなることはありません」

 ブーメランです。
 耳が痛い心が痛い。
 正しいやり方を今後とも追い求めます。精進いたします。


 さて。

 このようにお話をさせていただける場を提供いただいた「小説家になろう」様、ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

 これからも、皆様と一緒に、私自身も成長していきたく思います。

 今後ともよろしくお願いいたします。


 最後に宣伝をば。

 オーバーラップノベルスより「インスタント・メサイアⅠ」(イラスト:cinkai先生)好評発売中です。

 書店さんでお見かけした際には、お手に取っていただければ幸いです。


 特設ページ:http://over-lap.co.jp/narou/865543308
 キャラクターデザイン:http://blog.over-lap.co.jp/instantmessiah_chara
 編集さんとやんちゃした痕跡:http://blog.over-lap.co.jp/aprilfool_instantmessiah

 cinkai先生の美麗イラストが皆様をお出迎えいたします。
 よろしくお願いいたします。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-04-17

【お便りコーナー】第59回: りょうと かえ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるりょうと かえ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 りょうと かえ先生よりご連絡いただきました文面となります。



 はじめまして、りょうと かえと申します。
 小説家になろう様にて「紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~」(https://ncode.syosetu.com/n3668ef/)を連載しております。

 こちらが2018年4月に書籍として発売されるにあたり、今回筆をとらせていただきました。
 アドバイスというよりも、こんなことをしたら書籍化まで行きました、という実体験になります。

 1、ひたすら読んだ
 登録前から現在まで約1年間、小説家になろう様で読んだ文字数は、おそらく2000万字ほどです。文庫本で200冊分になります。
 私が得難いと思ったのは、「書籍になる前」の生原稿が読めることです。公募ではそうはいきません。応募したそのままが世に出ることはないからです。
 web版と書籍版を比べることで、どのようなポイントがあるかも体感的に会得できました。
 これまで公募で駄目だった10年間よりも、遥かに多くのことをこの1年で学べたと思います。

 2、好まれるタグ
 読むのと並行して、いくつかの作品要素やタグに人気があるのがわかってきました。これまでは全くわからなかった「読者像」がぼんやりと掴めるようになっていました。
 今まで意識しなかった要素を書いてみる、という挑戦が出来る様になったのです。
「紅き血」は婚約破棄というオーソドックスな要素を使った作品です。小説家になろう様を読まなければ、この作品は生まれなかったと思います。

 3、得意なことに集中する
 人によって書きやすい場面やキャラは違うと思いますが、小説家になろう様はそれを絞って長期間書ける場でした。
 これは本当に良かったことです。今までの執筆は霧の中を歩いている様なものでしたが、現在は自分の強みを活かせていると思っています。リアルタイムな読者の反応は大きな糧となりました。
 もちろん苦手は少ない方がいいのでしょうが、客観的に得意・不得意がわかるのは非常に有難いことでした。

 以上です。創作は楽しくも辛いことがありますが、続ければそれで良いものです。

 最後に4月12日ノクスノベルス様より発売の「紅き血に口づけを ~外れスキルからの逆転人生~」を宜しくお願いいたします。
 果てのない創作を、できる限り楽しみましょう。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-04-09

【お便りコーナー】第58回: ぐう鱈先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるぐう鱈先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 ぐう鱈先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして、ぐう鱈と申します。

 4月16日にアース・スターノベル様より「ダンジョン農家! ~モンスターと始めるハッピーライフ~」を発売させていただけることとなりましたので、ついにこのコーナーにお便りできる! ということで駄文似て恐縮ですが送らせていただきます。

 さて、テーマが「アドバイス」という事ですが、今まで投稿した皆さまが的確に書いています!
 非常に参考になります!……ぐう鱈のアドバイスなんて必要あるのだろうか……。
 と、ちょっと悩みました。ちょっとだけね。むしろ私だから説得力のあると思って書きたいと思います。

≪アドバイス?≫
 1.どんなモチベーションで書き始めるべきなのか
 2.どんな方法論があるのか
 3.ゴールは実はスタート地点
 4.ファンタジー書いてるけどリアルのお話をしよう


□.1つめ、「1.どんなモチベーションで書き始めるべきなのか」。

 書きたい!で続けられるほど簡単ではありません。書くのには時間がかかるし、想いだけで書いたら途中でわけがわからなくなる。プロットをしっかりしようと思ったらそこで時間切れになってしまう。書き始めても1話2~3時間執筆にかかるし……。
 そこで私の場合は複数の目的、つまりモチベーションをもって挑みました。

≪ぐう鱈のモチベーション≫
 ・最近報告書類しか書いていなかったので、文章としての文を書く
 ・なろうのロジックを体感してみる
 ・読みたい内容の小説がすぐ違う展開に行く。なら自分で書いてやる!

 モチベーションが1本折れようがまだ、我々には2本ある!!
 ……そんな感じでプロット書いたら非常に長くなりました(汗)。
 折れないモチベーション。
 なんてものはありません。分散することでリスクヘッジするのです(ヲイ)。


□.2つめ、「2.どんな方法論があるのか?」

 いろんな人が言っていますが、とりあえずランキング上げる為には同じ趣向の同士を集めて(1作目で大ヒットなんて……貴様ら天才か!あ、天才か……)、その時分に流行ってそうな要素を読んで欲しい内容の上っ面に乗っけて発表です!
 ……。そっ、そんなことで。自分の作品の特徴(上記した自分が書きたい・読みたいこと・読んでほしいこと)をしっかり持つことが大事だと思います。


□.3つめ、「ゴールは実はスタート地点」

 本を作るという事において、書籍化決定は『開始の合図』です。WEB公開しているものをそのまま本にしてしまってはあまり意味がありません。そこから如何に上乗せをし、業界諸先輩方の考え方を学ぶこと、更によくしていくスタートになります。なので作品の芯をしっかり持つことが、書籍化したあと迷わなくて済むかなぁ……なんてね。


□.4つめ、「ファンタジー書いてるけどリアルのお話をしよう」

 私は天才ではないです。高校の時代に賞に応募した小説は酷い内容でした。
 では何故書籍化できたのか?
 それはそれまでの人生の積み重ねから染み出た、人生の味、の様なものだと思います。
 ファンタジーであろうが、SFであろうが、出てくる人間は人間です。人間関係の狭い高校時代に自分ではキャラクターを書くのには限界がありました。ですが社会に出て、リアルで破天荒な先輩や、飛びぬけて冷徹な先輩。まさにオーラをだして圧迫してく上長。色々いたはずです。そんな経験を経てキャラクターを考えたとき、彼らが投影されると現実味を持った魅力的なキャラクター。そしてシナリオに反映してくるはずです。そう、おっさんにチャンスありです。


 という事で、こんな私でも自身の利点を理解すれば書籍化になれます!
 でも……、書きたいんだけどもどうしたらいいのか?
 という方が居ましたら。ちょっとだけ自分で考えたうえで私までご相談ください。
 執筆そっちのけで回答します(あ、これ秘密で)。

 最後にそっと宣伝を……。
 ぐうたら初書籍化作品「ダンジョン農家! ~モンスターと始めるハッピーライフ~」(https://www.amazon.co.jp/dp/4803011796/)が4月16日発売されます。WEB版(https://ncode.syosetu.com/n1787dy/)と見比べてお楽しみいただけると幸いです。

 では皆さん、面白い作品ができたらそっと見に行きます!
 よろしくお願いいたします。
投稿者: kuro  linkLink 

2018-03-30

【お便りコーナー】第57回: 高井うしお先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である高井うしお先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、高井うしお先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして、高井うしおと申します。小説家になろう様で『金の星亭』繁盛記~異世界の宿屋に転生しました~(https://ncode.syosetu.com/n8313dv/)を連載させていただいております。

 こちらの作品は2017年12月に書籍化いたしました。本当はそのタイミングで、お便りを出したい気持ちもあったのですが……。私自身、この作品が小説をはじめて書いた……いわゆる処女作である為に、皆様にアドバイスをとなるとどうもおこがましい気持ちになってしまい控えておりました。

 そんな私が、なぜ今回こうして筆をとっているかと言いますと……書籍化してからこんな私めなんかに相談をいただく事が少なからずあったからです。

「書籍化したいのですが、どうしたらできますか」
「おもしろいものを書くにはどうしたらいいですか」

 その際に私は……ろくにアドバイス出来ませんでした。何度かその際にお答えしている事ですが、書籍化ってゴールではないんです。これ、スタートでしかないのです。やる事なんて正々堂々自分を削って書いていく事……それ位です。そしてその為の方法なんて私は知りません。ただ、書籍化がゴールだって思っていたら無理かもね、ってくらい。

 待って! 帰らないで! ステイステイ。一応、なんでアドバイスできないのかなーと考えたので少し聞いていってください。
 アドバイスとは自分の理論や方法論を伝える行為じゃないかと私は思っています。最初、私は分析や研究をするタイプではなく野生の感で書いているから、こういった事はできないのだ、と思いました。

 けれど、どーもしっくりきません。野生の作家はいます。確実にいます。けど、それと私はどうも違う。読まれる為に、面白いストーリーの為に頭をひねってウンウン言いながらえっちらおっちら書いている私はどうもそういうタイプじゃない。ただ、それが良い物かダメな物かはなんとなく匂いで分かる。……半……野良かしら……。

 そこまで考えて、ふっと思い出したのです。他の作家さんと決定的に違う自分の特性を。実は私、元役者なのです。執筆歴は1年ちょっとですが、演劇畑で25年ほど創作活動をしておりました。(大学の専攻もソレ関係です)
 ですから、本当に物心ついたときから私は創作活動をしていたのです。それが私のベースになっております。

 ありがたい事に「会話が魅力的」という評価をいただいたりしているのもコレが大きな原因だと思うのです。言語化できないはずです。もうすっかり私の生活に、人生に癒着して一体となっている肉体言語のようなものなのですから。

 それを踏まえて、今一度……アドバイスをするのなら。

「うだうだ言ってねーで、外にでろ!」

 です。待って! 帰らないで! ステイステイ。行くのはコンビニでいいです。そこで店内を見渡してください。商品を選んでいる人の様子は? レジの店員さんの考えている事はなんだろう。新商品のプリンの売りはなんだろう。コンビニに行くだけで読み取れる事って満載なんです。

 日々是全てがネタだと思って過ごしてください。見た事のないものをひとつでも多く見てください。話した事のない人と話して見てください。アンテナを立てて、日々を過ごしてください。書籍化するかは分かりませんが、面白い物が書ける可能性はこれでぐっと上がると私は考えています。

 小説……物語は、それが神でも草でも仮の人格を与えられたものたちの紡ぐものだと思います。だから人間を否定してその受け入れる器官を鈍化させたものに魅力があるでしょうか。中には孤独の中で、熟成されたものをすさまじい輝きで世に放つ方もいます。ですが……そこまで割り切れますかね?

 あと、この方法のいいところはですね、小説家にならなくて、サラリーマンでも公務員でもタクシー運転手でも看護師でも宇宙飛行士でもなんになったって損にはならないってところです。やったね!

 せっかくの創作活動です。くるしー! と言いながらも楽しんで行きたいではありませんか。その創作活動はあなたの人生を彩り豊かなものにしてくれる、私はそう信じています。



 最後に。
 そんな感じで書いた『金の星亭』繁盛記~異世界の宿屋に転生しました~2巻がカドカワBOOKSより4月10日発売されます。
 1巻よりもぐっとキャラクターも増えて、私の(多分)得意とする会話の織りなす人間模様がたっぷりつまっているかと思います。何卒よろしくお願いいたします。
投稿者: nana  linkLink 

2018-01-31

【お便りコーナー】第56回: 初枝れんげ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である初枝れんげ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、初枝れんげ先生よりご連絡いただきました文面となります。



いつもお世話になっております。
小説家になろう様で「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」http://ncode.syosetu.com/n9759dd/ を連載させて頂いている、初枝れんげです。

2月10日に第2巻が無事出版される運びとなりましたので、この場を借りて皆様にはお礼申し上げますとともに、わたしごときが僭越ですが、新人の方へ、どうすれば書籍化できるかについてアドバイスをさせて頂きたいと思い、筆をとらせて頂きました。

前回も1度ここで掲載させて頂いた時は、要するに「自分なりに時間を確保する術を身につけて下さいね」という身もふたもない意見を書いてしまいました。

ですが、よく考えてみれば、新人の方の中には、書きたいのにそもそも筆が動ない、であるとか、キャラクターが書けない、といった類の悩みをお持ちの方も多数いらっしゃるのではないかと思い当たりました。

これは私の不徳の致すところ。

今回はそのあたりについてお話できればと考えています。

さて、書きたいけれど書けない。

分かります。私も十年くらい全然筆が動きませんでした。書きたいけど書けない。つらいところだと思います。

これを解決する手段は大きく2つあると思っています。間違っているかもしれませんが、その時は忘れて下さい。有益な情報だけ、獲得してくださればよいと思います。

まず一つ目。キャラクターを先に作る、ということです。

特にライトノベルというのはキャラクター小説と言われるくらいで、キャラありき、みたいなところがあります。

いきなりオリジナルはつらいかもしれません。そんな時は好きな漫画とか映画とかアニメとかドラマとか、なんでもいいです。何でもいいので、そのキャラクターたちをイメージの中で動かしてください。2人以上、用意して、実際に会話をさせてみてください。

どうでしょうか? 何か始まりませんかね? 喧嘩したり、丁々発止のやりとりをしたり、なぜか意気投合したりするでしょう? しなかったらごめんなさい。

でも、キャラクターはそういうものなんです。そう、キャラクターは勝手に動いて、勝手にストーリーをつむいでくれます。作家の都合なんておかまいなしに。ともかくいう事をきいてくれません! そして、そこから、ストーリーとかプロットとか、そういったものが着想されていきます。それをつなげていけば、小説になるのです。

それが一つ目。キャラクターから物語を構築する方法でございます。オリジナルのキャラクターが出来て勝手に動き始めたら、それは小説の赤ちゃんが産声を上げ始めたと思って差し支えありません!

さて、二つ目。それはプロットから先に作る方法。

プロットなしでババーンといきなり書いちゃえる天才が世の中にはおります。実在します。でも、それはごくわずかっぽく、私も残念ながら天才ではありません。プロットを作って、地道にストーリーを肉付けていきます。

邪魔くさがってプロットを作らなかったり、何となく曖昧な感じにしてしまっている方は、書こうと思ってもその部分で混迷してしまって、筆が止まってしまう。そういう事態に陥りがちです。プロットはストーリーの点であり、そしてその点は「魅力的」でなくてはいけないと私は考えております。退屈な点がないよう細心の注意を払いながら、点を構築する。そうすれば、あとはその点を線でつないでいけば、あら不思議、魅力的な物語=小説になるのですっ?

…と、以上、偉そうに申し上げました。

いかがでしょうか? 読み返してみると当たり前のことしか言ってません。

ですが、この当たり前が出来るようになると、きっと執筆が軽快に、軽やかに、楽しくできること請け合いです!

ぜひ、幸福な執筆ライフを。死ぬまで出来る稀有な趣味ですからね!



あと、最後に少しだけ。

「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」第2巻、TOブックス様より2月10日発売。Web版とは大きく変化した書下ろしストーリーをお楽しみに!

主人公のマサツグ君はもちろん、永遠のライバル・ミヤモト君も大活躍するぞ!
投稿者: nana  linkLink 

2018-01-24

【お便りコーナー】第55回: 青猫 草々先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である青猫 草々先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、青猫 草々先生よりご連絡いただきました文面となります。



 「小説家になろう」というサイトがあります。

 仮にこのサイトの名前が、「小説家になりなさい!」だったらどうでしょうか?
 何だか、無駄に偉そうです。
 小学生の頃、母親によく言われた「宿題やりなさい!」に通じるものがありますね。
 これでは、

「うるさいなあ。今からなろうと思ってたんだよ。そんなこと言うから、なる気が無くなっちゃったじゃないか」

 という事態を招きかねません。

 あるいは「建築家になろう」というサイト名だったら?
 一見、悪くなさそうです。活用する価値アリかもしれません。
 きっと志を同じくする人々が集っていて、デザインや図面を上げると助言や批評をくれるのでしょう。

 しかし、そこで切磋琢磨し腕を上げいい感じに馴染んできたころ、あなたはふと気付くのです。
 もしかして、ここに居ても小説家にはなれないのでは? と。
 何と巧妙なトラップ。油断も隙もあったものではない。

 そう考えると「小説家になろう」という名称は、偉そうでもなく押しつけがましくもなく、また建築家ではなくちゃんと小説家の道へと誘ってくれる、サイトの趣旨を適切に表現したものではないでしょうか。

 ――どうも、はじめまして。青猫草々と申します。
 まずは少しだけ、自分語りにお付き合いください。

 そのとき私は、大変貧乏、かつ時間だけは大量にあるという立場でした。
(あ、ちなみに学生ではなくいい年の大人ですよ。ヒントはノージョブ)

 ありていに言って暇を持て余していたというか、持て余した暇を将来の不安に怯え布団の中でガクブルすることに全ぶっ込みしているような有様だったため、こりゃいかんと何か生産的な活動を始めることにしたのです。

 そこで思いついたのが小説の執筆。
 昔から本を読むのは好きだったので、この機会に何か書き上げてアマチュア作家を気取ってみるのも悪くなかろう、ふふん、と考えたわけです。
 いえ悪くなかろうも何も、部屋に転がってぶるぶる振動してるだけの排泄物製造器より悪いものなど世の中にはそうそうないのですけどね。

 このように元を正せば自分のために始めた活動だったわけですが、いざ書いてみると誰かに読ませたくなるのが人情というもの。
 そこで私は、どこかの小説投稿サイトにアップしてみようと思ったのでした。
 なお「友達でいいんじゃ?」などという疑問は今すぐ忘れてください。悲劇が浮き彫りになりますから。

 さて、創作というのは価値観や思想、感性など、己の全てを作品に込める行為です。
 それを公開することは、しばしば自分の裸をさらすことにたとえられますね。

 当時、私はなにもかも未経験の、初心なおっさんでした。
 自分のあれやこれやが全て衆目にさらされると考えると、それだけで頬が熱くなってしまう恥ずかしがりやのおっさんでした。

 しかし弱気を克服しないと、いつまで経っても前に進めないおっさんのまま。
 私は覚悟を決めます。
 どうせなら! できるだけ大勢に! 俺の裸を! 堂々と! 見せつけてやる!

 であれば、その場所は慎重に選ばなければなりません。
 一糸まとわぬ私のすべてを、もっとも効果的に解放できる舞台はどこだろう?
 そうして辿り着いたのが、このサイト「小説家になろう」でした。

 さっそく私は自分をさらすことにしました。
 私の私自身をあらわにし、惜しげもなく見せつけました。
 幸いなことにそれは多くの人の目に触れ、多くの声をいただくことになりました。

「な、なんて見事なブツなんだ……ボクの中に何度も激しく刺さったよ」(注:作品の感想です)

 という行為的、じゃない好意的なものもあれば、

「テクがない。雑で乱暴ね。イタいだけだわ」(注:作品の感想です)

 とか、

「貧弱で粗末(文才が)。入れるのをためらうくらい(ポイントを)」

 という辛辣なものもあったと記憶しています。
 いずれにしろダイレクトな反応が目に見えるというのは私にとって大きな刺激で、それはまさに未知の快感とも呼ぶべきものでした。

 ところで。
 小説作品には必ず書き手と読み手が存在します。
 双方いないと文化として成立しえず、どちらが偉いというものでもないのですが、数から言えば書き手の方が少ないでしょう。

 ここで私は、読み手側の経験しかない方に対し、えいやと裸になって境界線を飛び越えてしまうことを提案します。
 そこにはきっと、お話を読むのとはまた違った楽しさがあるからです。

 「小説家になろう」というサイトは、その名前が示す通り気軽に書き手となって作品を発表できるシステムになっています。
 せっかくここを訪れたのですから、最大限に楽しまないのはもったいない話だと思うのですね。

 ええ、つまるところ創作のススメなのでした。
 皆さんも、まずはお気軽に最初の一歩を踏み出してみてはいかがですか?
 裸になるのはなかなか勇気が必要ですが、やみつきになるような開放感が味わえることうけあいです。

 そして、もう一つ。
 もしそういう勇気ある姿を目にしたなら、読み手の皆さんはぜひ積極的に「すごくおおきい!(志が)」「なんて立派なんだ!(度胸が)」と伝えてあげてください。
 作者は大いに悦び大いに興奮し、さらにむくむくと天にも届く勢いで膨れあがらせるに違いないのです(執筆意欲を)。

 そういう私が全てをさらけだした作品はこちら。

「押しかけ犬耳奴隷が、ニートな大英雄のお世話をするようです。」
なろう連載版
https://ncode.syosetu.com/n4513dn/
書籍版特設ページ
http://over-lap.co.jp/narou/865542387/

 1/25に2巻が発売されます。
 気が向いたら、目を通していただければ幸いです。

 それでは、よいなろうライフを。
投稿者: nana  linkLink 

2018-01-16

【お便りコーナー】第54回: 鬼ノ城ミヤ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である鬼ノ城ミヤ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、鬼ノ城ミヤ先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めましての皆様は初めまして、お馴染みの方はこんにちは。
 鬼ノ城ミヤと申します。「おにのみや」ではなく「きのじょう」です、よろしくお願いいたします。

 今回は、私のようなおっさんがどんな道程をたどって今にいたったのかについて書かせていただこうと思います。

 もともと小説といいますか、物語が大好きだった鬼ノ城は中学生時代から小説を読みあさっていました。菊地秀行先生・夢枕獏先生・半村良先生・笹本祐一先生あたりは人生の師匠と言っても過言ではありません。

 この時期に暇さえあれば本を読んでいたことが、今の自分の財産になっています。

 高校生になり、自分でも小説を書き始めた私は雑誌社の小説大賞に応募するようになりました。
 今のようにパソコンなんてありません。
 ワープロが普及したのも、もう少しあとの時代です。

 その時代は、すべて原稿用紙でした。

 400字詰原稿用紙に鉛筆で書き殴っていき、それを改めて清書していきます。
 今のように、パソコンのワープロソフトなんかでちゃちゃっと打ててしまう時代とは雲泥の差でしたけど、当時はそれが当たり前でしたし、そうやって原稿用紙に清書しながら自分の脳内で物語を展開していくのがこの上なく楽しかったんですよね。

 その時代に1度受賞し出版化の話があったのですが、諸般の事情によりその当時はデビューすることは出来ませんでした。
 
 それでも小説家の夢を諦めることが出来なかった私は、新たな話を作成するためにこの頃から物語の設定を大学ノートに書きまくりました。
 その当時は、ファンタジー作品はマイナーな分野でして、SFの一分野として扱われていました。それでも創元推理文庫から刊行されたスーパーアドベンチャーゲームブック『スティーブンジャクソンのソーサリーシリーズ』や、角川スニーカーG文庫のガープス、富士見ドラゴンブックのシナリオ集などを夢中になって貪り読んでいたものです。
 そうやって得た知識を元に、様々なファンタジー世界を自分の中で構築していきました。ワールド・オブ・パルマの世界もこの時期に原型を構築した次第です。

 その後、PBMのライターとして活動をしていた時期を経た私は、程なくいたしまして生活の変化などがあり、そのため10年近く執筆から離れていた時期がありました。

 ですが、そういった諸般の事情が一段落したところで、また書いてみたいと思うようになった次第なんです。

 そういった経緯を経て「小説家になろう」にたどり着いた私は、温め続けていた作品達を執筆し発表しはじめました。

 この小説家になろうの一番の利点は、すぐに反応がもらえるところです。

 その当時流行していたなろう発のラノベを十数冊購入して勉強した上で執筆を始めた私ですが、その当時はドキドキの連続でした。
 ですが、いろいろな感想を頂けるようになり、それが励みになってどんどん執筆する意欲がわいていった次第です。

 これは、学生時代の私が、原稿用紙に一人で向かっていた時期ではありえないことでした。

 ただ、そうやって一人で頑張っていた時代があったからこそ、今の自分があると(少しだけ)胸を張って言えるかなって思っていたりします。

 書くことは無駄ではないし、何歳になっても書くことは楽しい。
 
 私のように、学生時代に本に夢中になり小説家を夢見たことがある人って、それなりにいるんじゃないかって思います。
 でも、おっさんになりますといろんなしがらみにがんじがらめにされてしまい、そのまま諦めている方も多いんじゃないかなって思います。

 そんな皆さんに声を大にしてお伝えしたい。
 
 こんな私でもやれば出来ました。さぁ、皆さんもご一緒に!

 夢を夢のまま終わらせるかどうかは、自分次第だと思います。
 これは、同年代のおっさんだけでなく、今の若い世代の皆さんにも通じる言葉だと思います。

 皆さんと一緒にこれからも楽しく執筆を続けていきたいと思っております。

 これからもよろしくお願いいたします。

 僭越ながら……
 そんな私の最新刊『Lv2からチートだった元勇者候補のまったり異世界ライフ』の4巻がまもなく発売になります。何卒よろしくお願いいたします。
投稿者: nana  linkLink 

2017-12-26

【お便りコーナー】第53回: 槻影先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である槻影先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、槻影先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めまして。いつも駄目な感じの作品を投稿させていただいております、槻影です。

 この度、拙作、アビス・コーリング(https://ncode.syosetu.com/n9040eb/)が書籍化の運びとなりましたので、記念に筆を取らせていただきました。

 突然ですが、ホームに記載されている数字によると、現在の『小説家になろう』の登録者数はおよそ115万人です。私のIDは27455、前に三万人弱の登録者がいますが、全体数を考えれば古株の方だと言えるでしょう。

 私が初めて『小説家になろう』に登録して小説を投稿し始めたのは2008年……大体十年くらい前のことでした。
 今でこそ『小説家になろう』からは多数の作品が書籍として出版され、本当に小説家を多数排出するサイトになっていますが、私が登録した当時は書籍化作品などもほとんどなく、私が投稿を始めたきっかけもただの趣味でした。(小説家志望でもありませんでした)

 ネットに小説を投稿するメリットの一つは読者さんの感想を貰えることだと、私は思っています。
 新人賞に出して作家になるなど確固たる目標があるのならばともかく、誰も読まない小説を黙々書き続けることはモチベーション的な面でも難しいことです。リアルの友達や家族に見せるのも気恥ずかしいでしょう。

 私がサイトに投稿を始めたのも小説を書きたくて、でも知り合いには見せたくなくて、Webに載せればもしかして誰かが読んでくれてあわよくば感想をもらえるのではないか、という、とても都合のいい考え思いを抱いたからです。
 それ以来、十年間、休んだり長期更新停止したりエタ作を非表示にしながら今も投稿を続けています。

 私は内向的な人間です。紙の本が出るまで、知り合いも友達も家族も、誰も私が小説を書いていることを知りませんでした。
 そんな人間でも孤独を感じることなく小説を投稿できること。それこそがネット投稿の大きなメリットです。メリットです!

 これを読んでいる方々の多くは小説を書くことに興味がある人だと思います。
 とりあえず書きましょう。投稿しましょう。恥ずかしくないです。誰にもそのことを言う必要もありません。飽きたらやめてもオッケー。タイピング速度も上がっちゃいます。
 感想は来たらラッキーくらいでいましょう。見せなければゼロなので、ゼロよりは期待値が高いです。たまに酷い感想を受けることもありますが、いずれ気にならなくなります。途中から書くことが苦痛にならなくなります。

 小説は自己の表現です。性格や経験が直で出ます。流行りなど考える必要はありません。きっとあなたにしか書けない小説があるはずです。
 115万人も登録者がいるのですが、あなたの小説を気にいる人がきっといます。これを読んだ皆様によい読者・作者ライフが待っていることを祈っています。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。
 最後に、色々綺麗事っぽい事を書きましたが、ここに書いた内容はあくまで私の独断と偏見によるものであり、一般の見解でないことを強調して締めさせていただきます。
 
 今回、12月29日に書籍版が発売するアビス・コーリング(https://ncode.syosetu.com/n9040eb/)は、
 課金要素が酷すぎてサービス終了したソシャゲの世界に頭のネジがちょっと外れた元廃課金プレイヤーと純粋無垢な少女が召喚され、ひどい目に会うみたいなコメディ小説です。
 Web版は次章が最終章、十年で培ったR15レベルのエロを満載して締めるつもりでいます。

 つまり、私はそんな作品を書く人間です。よろしくお願いします。
投稿者: kuro  linkLink 

2017-12-19

【お便りコーナー】第52回: もちだもちこ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるもちだもちこ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、もちだもちこ先生よりご連絡いただきました文面となります。



 初めましての皆様、もちだもちこと申します。
 私の作品を読んでくださっている方、もちだは元気です。
 いつも『お便りコーナー』を楽しみにしております。
 先日、某つたな先生の回を読んで涙した私は、無謀にも今回投稿させていただいた次第です。

 さて、もちだもちこの手がけた『オッサン(36)がアイドルになる話』という作品が書籍化し、ありがたいことに2017年10月に2巻も発売されました。応援してくださった皆さま、本当にありがとうございます。
 そんなペーペーな新人である私が、ここで何を語るのか。
 それは、書籍化したいと思ってらっしゃる人達とは真逆なことをしている私でも、歯茎をむき出して頑張ればなんとかなったということを語りたかったからです。歯茎はしっかりとむき出してください。恥ずかしがっている場合ではありません。

 そもそも流行りの異世界ものでもない、若者主人公でもない、ラブコメでもないこの作品が書籍化出来たのは奇跡に近いことだと思っています。
 よくある話ではありますが、この『オッサンアイドル』は私が読みたくて書いたものです。流行りを取り入れない読者に媚びないスタンスで、ただ好き勝手に書きました。
 私は小説を書き始めたのは今から1年8ヶ月前です。そう。ただの素人です。
 そんな素人で海苔さえ巻いてないもちでも、中学2年生くらいの脳みそで決めていたことがあります。

「子供から大人まで読める分かりやすい文章で書く」

 大人に関しては、私の両親(70代)が面白いと言ってくれてるので大丈夫かと思われます。私のSAN値についてはお気になさらず。大丈夫ですよ。(ハイライトの消えた目で)
 とにかく、これだけは守って書いてました。そりゃもう寝る間も惜しんでガムシャラに。もちろん歯茎はむき出しで。
 もちもち頑張って数ヶ月後に帯状疱疹で倒れました。睡眠時間って大事ですね。激痛の中で実感しました。肌荒れもすごかったし、もち肌がカサついちゃって……。

 ところで何の話でしたっけ? 書籍化までの道程? どーて……ゲホゲホ。
 すみません。話を戻します。
 
 分かりやすい文章はともかく、その頃ほとんどなかった『オッサン』『筋肉』『現代もの』『アイドル』が盛り込まれた作品です。読んで面白いと言ってくださる人はいても、「書籍化は難しいだろうなぁ」と言われ続けていました。
 そのことが悲しいとは思っていなかったのですが、日間ランキングとかに出たので「あわよくば書籍化打診とか来たりしてグヘヘ」とゲスい笑みを浮かべていた私は落ち込みました。顔はゲスいまま戻りませんでした。

 投稿してから数ヶ月後に奇跡が起こります。
 詳しい過程は省きますが、編集部の方が偶然『オッサンアイドル』を読んでくださっていたんです。そこから関係者の方々による『オッサン筋肉フェロモン万歳フェスティバル』が秘密裏に開催され、無事刊行することとなったのです。
 ここでの奇跡は、編集部の方が読んでくれていたのもありますが、流行りを追うだけのレーベルではなかったというのもあります。これは本当にすごいことだと思います。
 
 編集さんは言いました。「面白いと思った作品を本にしたい。それだけなんです」と。その後に「プ◯キュ◯はファイブから入りました」とも。
 私は感動しました。そして言いました。「強さなら初代が一番でしょう」と。

 こうして(余計なことを含め)語りましたが、私の流れは参考にならないでしょう。
 だからこそ言いたいのです。
 流行りの作品を書くのも良いですが、自分の趣味全開の作品も書いてみてはどうでしょうと。
 もしかしたらそれが、新たなラノベの『流行』になったりするかもしれません。時代の先駆者と呼ばれるかもしれません。
 ご一考ください。

 ちなみに私は、どこかの集まりで顔を出すたびになぜか「オッサン愛の人」とか「筋肉の申し子」とか言われるようになりました。
 一応ですが女の子なので、もうちょっと可愛い二つ名をいただければ幸いです。


オッサン(36)がアイドルになる話
https://ncode.syosetu.com/n2448dj/
投稿者: kuro  linkLink 

2017-12-06

【お便りコーナー】第51回: 東国不動先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である東国不動先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、東国不動先生よりご連絡いただきました文面となります。



はじめての方はよろしくお願いします。東国不動と申します。
あまり多くはないと思いますが、知っている方はこんにちは。

お便りコーナーに投稿する先生方のほとんどが小説家になろうに投稿した作品でデビューしていると思います。私もそうです。
本になって全国の書店に並ぶだけでも凄いことだと思うのですが、拙作の『僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件』にいたってはコミックにまでなって全国の書店等に並びました。
もし小説家になろうが存在しなかったら、私がこんな経験をすることは絶対になかったと思います。

しかも担当様が言うには初速という意味でちょっとみないほど売れているそうです。
発売してすぐに大手のネット書店からは在庫が無くなり、出版社から卸す分も無くなって、緊急大重版をかけてくださっています。
書店では置いてあるところもありますので是非^^;
この文章を書いている時は11月ですが、12月1日頃には重版分が行き渡るそうです。

ところで小説家になろう初のコミックは他の作品も大好評を博しているようです。
ひょっとしたらなろう作品がコミック化する経緯に興味がある人もいるかなと思って、あくまで一例としてお伝えします。
他の作品のことはよく知りませんが、実は『僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件』は小説のオファーが来る前にコミックになることが決まりました。
とあるラノベの勉強会に来ていたコミックの編集者様に名刺を渡すついでに『僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件』を話したのです。

東国「今、これこれこういう作品を小説家になろうに投稿してるんですよ。結構ランキングで人気出てるのでなろうで読んでみてください」
編集者「面白そうですね! 読んでみます!」

そして次の日、知らない番号からの電話に出ると……。

編集者「あ、東国さんですか? 僕のダンジョン、面白いからウチで漫画にしたいんで明日会いませんか?」
東国「ホントですか?」

さらに次の日、出版社の近くの某飯屋さんで。

編集者「じゃあウチのWEB漫画に掲載して、分量が溜まったらコミック本を出すということでいいですかね?」
東国「え? ありがたいですけど、これで漫画になることが決まりってことなんですか?」
編集者「うん。東国さんが納得してくれれば」

もちろん実際には小説版の出版社は私の方で探すとか、(この当時はまだ一社もオファーが来ていませんでした)漫画についての雑談等の話もちょっとはした気はしますが、こんな感じで即決でした。
なろうで僕ダンの初投稿日を確認して見てみると2016年8月31日に投下をはじめて、勉強会は2016年9月11日にあったので……え? 前述の通り、そこから2日ぐらいで決まったので投下してから13日ぐらいですね。驚きました。
その後も素晴らしい作画様を探してくれたり、メイドインアビスでTVCMをしてもらったり、ヒロインの等身大パネルを作ってもらったりと、何度も「ホントですか?」と聞きたくなることをしてくださって、これだけ売れたのだと思います。

ただ、何と言っても小説家になろうに作品を投稿したことからすべてがはじまっています。
作品をチラ裏や頭のなかに留めておいたら、間違いなくこんな結果にはなりませんでした。
僕の場合はたまたま編集者様がいらっしゃる時に作品が見せられる『場所』にありました。
作品をチャンスが来たら見せられる場所として『小説家になろう』は凄く良いと思います。

最後に小説家になろう様と応援してくださっている読者の皆様、本当にありがとうございます。
この場を借りて御礼申し上げます。



僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件 小説版サイト
http://books.tugikuru.jp/detail_bokudan.html
僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件 漫画版サイト
http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/rensai/bokudun/
投稿者: kuro  linkLink 

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»