お便りコーナー 2022年08月05日 11:00
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である遊森謡子(10周年)先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、遊森謡子(10周年)先生よりいただきました文面となります。

初めての皆さんもお馴染みの皆さんもこんにちは、遊森謡子(ゆもりうたこ)と申します。
『小説家になろう』さんには何と11年半お世話になっており、古参勢と言っていいのではないでしょうか。また、なろう作品で商業デビューし、おかげさまでこの2022年7月28日で10周年です。

有名作家ですとは逆立ちしても言えませんが、なろうさん出身で商業10年という作家はそう多くないようです。
そこで、どなたかの参考に、自分の記念に、そしてなろう運営さんや交流して下さる皆さんへの感謝を込めて、お便りを認めさせていただきました。

私がなろうさんと出会ったのは、2010年です。当時は個人サイトも隆盛で、私はweb小説、中でも当時人気だった社会人女子の異世界トリップものにどハマりし、探しては読みふけっていました。そのうち、同じ書式で書かれた小説をたくさん見つけたことから、なろうさんを知りました。
私も書きたい、という気持ちがむくむくと沸き上がり、2011年1月になろうさんに登録、初投稿。自分でサイトを作れない私のようなアナログ人間でも、簡単に投稿できるシステムのおかげで、なろう作家になることができました。同じ経緯で読者から作者になった方、大勢いらっしゃることでしょう。

その時の私は、書籍化したいなどとはカケラも思っていませんでした。
なんて書くと「うっそだー」と言われそうですが、まだwebからの書籍化など数えるほどしか例がなかった頃です。そんなこと考えもしない方が『普通』だったのです。

というわけで、私はひたすら、たーーーのしーーーい! という気持ちだけで毎日小説を書いていました(笑)
なろうさんでは、読者と作者が交流して盛り上がります。私の大好きな、社会人女子が異世界トリップするという『型』(いわゆるなろうテンプレ?)も、まだ読んだことがない要素を入れて「こんなパターンもアリじゃない?」と書けば、打てば響くように「じゃあこれは?」と他の作品が現れる。ジャンルはさらに盛り上がります。同好の士がたくさん見つかるのも、嬉しいことでした。

半年以上書き、もっと多くの人に読んでもらいたいと欲が出てきて、アルファポリスさんのコンテストに応募。受賞はしませんでしたが、これをきっかけに声をかけていただき、2012年7月に出版デビューしました。こんなことが自分の人生に起こるなんて、と、夢のようでした。
それからも刊行は続き、夢見心地も落ち着き、やりがいのある仕事として向き合うようになりました。編集さんに色々と教えていただき、スキルアップもできていると思います。

ところで、皆さんは『アンダーマイニング効果』というものをご存じでしょうか。自発的にやっている行動に報酬が与えられると、やる気が出てさらに行動することができますが、その報酬がなくなったとたん、やる気を失って最初の自発的な行動すら減ってしまう……というような心理作用のことです。好きなことを仕事にしたら辛くなった、なんて話、よく聞きますよね。
デビューして5、6年が経った頃、この罠に嵌りました。今やっている仕事の次の予定がない、面白いと思って投稿した新作に数字がつかない。『なろう系』の面白さに世間が気づき、作家が次々とデビューしている中、私程度の作家なんて埋もれるばかりでは?
書くのをしんどく感じて、潮時かな、という思いが頭をよぎりました。

それでもまた、なろうさんに新作を投稿しようと思えたのは、書籍化を考えずに「好き!」だけで書いていた頃の楽しさを覚えていたからです。古参で得した点かもしれません。
気を取り直して書き始めたのは、これまた大好きな異種族の交流もの。それまで数字のためにと気にしていた更新ペースや投稿時間を、新作では考慮せず、とにかく自分が一番楽しく書けるように心がけました。書く楽しさが行間ににじみ出た作品は、読む方も楽しいですから。
流行要素の『薬草(薬師)』を入れたあたりは未練かもですが(笑)、ちょうど「ファンタジーに出てくる薬湯って面白いな」と思ったタイミングでしたし、既製品として作る薬ではなく個人個人に合わせて作る薬湯は、異種族交流ものとの相性がよかったのです。

その作品が、『Uターン薬湯屋の寝込みがちスローライフ』です。
https://ncode.syosetu.com/n3309fa/
ちょっとしんどいから楽に生きたい、という願望がタイトルにも表れているわけですが、これが読者さんの琴線に触れたのかどうなのか、久しぶりに数字が伸び始めました。
コンテスト系は応募しては落ちまくっていましたが、この作品でまた挑戦してみようか。今夜にでも応募タグをつけよう。
そう思っていた日の夕方、なろうマイページに赤い文字が。
なろうさんで書き続けて8年弱、初めての、運営さんを通しての書籍化打診メッセージでした。

こうして、『Uターン薬湯屋~』はフロンティアワークスさんのレーベル・アリアンローズから『薬草茶を作ります お腹がすいたらスープもどうぞ』と改題し刊行されました。
https://arianrose.jp/novel/?series_id=2128
全3巻、好評発売中です。あの時にあきらめなかった「好き!」をたくさん詰め込んだ作品です。

もう一つ付け加えるならば、面白いと思って投稿したのに数字が伸びなかった作品というのは『降嫁おとめと守護ぎつね』です。
https://ncode.syosetu.com/n8750ew/
現時点でも総合評価は1,531ptですが、あれから4年近く経った今年の春、pixivさんのマンガ原作コンテストで佳作を受賞しました。
10年作家やって、受賞したの初めてです。何がどうなるか、わからないものです……いや本当に……

ネット世界は全てがものすごいスピードで流れ、流行もあっという間に移り変わっていくように見えます。でも、積み重ねたものが消えるわけではないようで、過去作と世間の流行がいきなり「カチッ」とハマることもあるし、仕事の人間関係なども広がっていきます。
今も私は、自分の「好き!」を軸に、読者さんと楽しさを共有できる「流行」も取り入れつつ小説を書いています。数字はついたりつかなかったりですし(気になる方はマイページからご覧下さい)、仕事となると「好き」だけではどうにもならないことももちろんあり、悩みは尽きません。
でもやっぱり、基礎を支える部分は、お仕事作品も趣味作品も変わりません。

私にきっかけと、楽しむ場所を与えて下さった小説家になろうさん、本当にありがとうございます。
今後もどうなるかわかりませんが、踏ん張っていこうと思います。

一作家のお便りを最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。
皆さんも、自分の中の「好き!」を世間の荒波から大事に守りつつ、web小説を楽しめますように。
そして、もしよかったら遊森の世界に遊びに来て下さい。一緒に物語を楽しみましょう!

遊森謡子
投稿者:yuki 
お便りコーナー 2022年07月29日 11:00
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるただのぎょー先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、ただのぎょー先生よりいただきました文面となります。

 みなさま初めまして、「ただのぎょー」と申します。小説家になろうの友人たちからは良くなまこさんと言われてます。

 昨年、『小説家になろう』にて執筆していた『モブ令嬢テサシア・ノーザランは理想の恋を追い求めない。』という作品が、2022年8月1日に『アース・スター ルナ』より刊行されることとなりました。

 みなさま、是非お手にとっていただければ幸いです。

Web版テサシアはこちらへどうぞ。
https://ncode.syosetu.com/n0639gy/

書籍版、アース・スター ルナの特集ページはこちらからどうぞ。
https://www.es-luna.jp/bookdetail/16risounokoi_luna.php


 さて、小説家になろうにはここ、「お便りコーナー」にて書籍化を目指す方へのアドバイスを募集しているとのことで、こうして筆を取らせていただきました。
 一作品書籍化した駆け出しの小説家である私に何が言えるのかと思います。しかも過去にたくさんの作家さんが有用なアドバイスをしているというのに。
 そもそも一番重要なアドバイスって「毎日書け」以上のことはありませんしね!

 それでも自分の小説を本にしたくて、まだ叶っていない作者のあなたへというテーマで、先人があまり言ってそうなアドバイスを一つお話ししてみたいと思います。

 あなたは「全力で書籍化を狙える話を書いてみたことはあるか?」ということです。あるいは、「ウケるためにテンプレ的な話を書くことを忌避してはいないか?」と言っても良いかもしれません。
 書いていないなら、一度書いてみましょうと提案します。

 書いたことがあるけどウケなかったよというあなたに尋ねます。
 そのタイトルは読者が手に取りたくなると自信を持って言えますか? あらすじは興味を惹かれるものですか? キーワードは読者ウケしそうなものを集めましたか? 読者のうち、何割程度がラストまで読んでくれているかを『Kasasagi』で確認しましたか?

 そうやって全力でポイントを取りに行って、ダメならダメで良いと思うのです。自分には合わないとその方向性を諦めるもよし、奮起して改善していこうとやってみるもよし。上手くいったならもっとよしです。

 自分が書きたい話というものが当然あるかと思います。私が書きたいのはハイファンタジーです。元々恋愛が書きたかった訳ではない。
 でも私の書籍化した作品、『モブ令嬢テサシア・ノーザランは理想の恋を追い求めない。』タイトルからもう恋愛ものって分かりますよね。
 小説家になろうで書き始めた頃の自分に、「君は将来、異世界恋愛で女性向けの作品で書籍化するよ」と言われたら鼻で笑うかもしれません。
 でも、結果として恋愛もので書籍化した訳です。

 これは不本意なことでしょうか?
 答えはノーです。私はそんな自分の作品が面白いですし、それで書籍化できたことを嬉しく思っています。
 なんと言っても書籍化したらウエハラ蜂さんの超★美麗なイラストがついてきたんですよ。ヤバくない? 最高じゃない? なんの不満があろうか。

 テンプレを書いて、自分の個性やオリジナリティが消えると思っていますか?
 違います。テンプレを書いていても消せないものが個性です。

 自分の書きたかったものではない作品は、無価値でしょうか?
 ノー、断じてノーです。仮にそれがイエスであれば、『シャーロック・ホームズ』シリーズは無価値と言っていることになります。作者のコナン・ドイル卿が本当は歴史小説を書きたかったというのは有名な話でしょう。

 是非一度、本気で試してみてください。そして小説家になろうに素敵な作品が生み出され、その中から本となる作品が増えることを願っています。

 最後になりましたが、私に作品を公開する場を、読者が集まる場を作ってくれている小説家になろうというサイトと、その運営の方々に感謝の言葉を述べてこのお便りを終えさせていただきます。
 ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

投稿者:bill 
お便りコーナー 2022年07月14日 11:00
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である仲町鹿乃子/鹿の子先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、仲町鹿乃子/鹿の子先生よりいただきました文面となります。

みなさま、はじめまして。
仲町鹿乃子と申します。

このたび小説家になろうさま登録作品「わたしと隣の和菓子さま」(旧タイトル「和菓子さま 剣士さま」PN鹿の子  https://ncode.syosetu.com/n6423p/ )が、2022年6月15日に富士見L文庫さまより発売されました。
https://lbunko.kadokawa.co.jp/ (富士見L文庫HP)
https://www.amazon.co.jp/dp/4040745663?tag=lbunkoweb-22 (Amazon)

これは10年以上前に書いた作品で、当初は個人のHPで発表し、その後、小説家になろうさまに登録させていただきました。

ご存じの方もいるかもしれませんが、アルファポリスさま主催の第3回青春小説大賞読者賞の受賞作品でもあります。
ただし、そのときは書籍化には至りませんでした。

そして、昨年。
ぽっかり時間ができたのを機に、全編を加筆修正してさらに番外編も書きました。
そして、去年の秋に書籍化のお話を小説家になろうさま経由で富士見L文庫さまからいただいたのです。

わたしは、小説家になろうさまより書籍化された多くの作家さまとは違ったペースで自分の作品が商業化されました。
こんなわたしからみなさまにお伝えできることと言えば、あきらめないでくださいということです。

わたしにチャンスがあったのです。
みなさまの作品にも十分にチャンスがあると思います。
いつ、どこで、なにが起きるかわかりません。
多くの人の目に触れる機会へ、恐れずに飛び込んでください。
わたしは怖がりで、それがなかなかできずに作品を検索避けにしていました。

また、自分の作品を大切にしてください。
テーマやアイデアはいいのに、読みにくいと言われたことはないですか?

わたしは自分が書いた作品をたまに読み返すことがあるのですが、そのたびに「はて?」と思う言い回しや、独りよがりの表現があります。
あのときは、OKだと思ったのに……と赤面です。
ブラッシュアップ、とても大事だと思います。
誰にでもストレスなく読んでいただける作品。
それは、ランキングの上位の方々の作品にも共通していると思います。

物語を書くのは孤独な作業です。
けれど、その作業を経てしか見えない景色があるのも事実だと思います。

わたしもまだまだこれからです。
みなさまと一緒に物書きとして成長していきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
投稿者:bill 
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である月ノみんと@【確レア】7月5日発売(予約受付中)!!!!先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、月ノみんと@【確レア】7月5日発売(予約受付中)!!!!先生よりいただきました文面となります。

みなさんこんにちは初めましての方は初めまして。
web小説を書いている月ノみんとと申します。

小説家になろう様で
『俺だけ《確定レアドロップ》だった件~スライムすら倒せない無能と罵られ追放されたけど、初めて倒した一匹から強武器落ちました~』
https://ncode.syosetu.com/n7896hj/
という作品を連載しています。

この度ありがたいことに、こちらの書籍版が7月5日にBKブックス様から発売します。
これも応援いただいたみなさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

書籍版は序盤をほぼ書き直して加筆し、新規エピソードも盛りだくさんの内容です!
ぜひ一度こちらのぶんか社様のホームページからご覧になってください!

https://www.bunkasha.co.jp/book/b608881.html#

では宣伝はここまでにして、ここからはちょっとした雑談です。
こちらの『お便りコーナー』では他の利用者さんに向けたアドバイスや雑談を募集されているとのことなので、今回はそういったお話をさせていただければと存じます。
テーマは「初心者だった自分が一年で書籍化を目指す!その成功の秘訣!」です。

私はなろうさんから書籍化をするのが夢でした。
その夢をかなえられたのは、なにより読者さんのおかげです。
元々中学生のころから小説家にあこがれてはいたのですが、小説を実際に書き始めたのは去年のことでした。
そこから小説家になろうさんを詳しく知り、投稿を始めました。

始めは10万字の長編を書き上げることすらできずに、苦労しました。
何度も書いては止まり、書いては止まり……。
小説をどうすれば書けるのか、右も左もわかりませんでした。
そんな自分をここまで書けるようにしてくれたのは、まず読者さんのおかげというのも大きいと思います。

小説家になろうでは、たくさんの読者さんが読んで、評価をしてくださいます。
中には厳しい感想を頂いたり、思うように読んでもらえなかったりしたこともありました。
初めて投稿したときなんかは、ブックマークが一つもつかずに落ち込んだ記憶もあります。

ですが読者さんに正直な意見を頂いて、反応をもらって、そのおかげで成長できた気がします。
小説家になろうはとても多くの読者さんがいて、すぐに反応をもらえる素晴らしいサイトです。
何度もあきらめずに作品を作って、読者さんに鍛えてもらえるすごくいい場所だと思います。

こんなに多くの小説が投稿され、多くの読者さんに読んでいただける場所は本当に貴重で、ありがたいと思います。
小説家になろうが私を鍛え、育ててくれて、小説家にしてくれました。
もちろん、そういった反応や数字を気にせずに気ままに書くという人もいるでしょう。

それでも、自分は書籍化をどうしても叶えたかったので、何度も新しい作品をトライしました。
人によって、投稿のスタイルや信条は違うとは思います。
ですが私が伝えたい小説へのアドバイスは、明確な期限と目標を設定するということです。

私はこの目標を「できたらいいな」ではなく「必ず成し遂げること」という風に意識しました。
そうすることで、それに向かってなにが足りないのか、なにをすればいいのかが明確になります。
あとはPDCAサイクルをまわしていけば、少しずつですが前に進めます。
運ももちろんあったとは思いますが、あきらめないことも大事でした。

それは書籍化を目指すというような目標でなくてもいいんです。
例えば、一人の読者さんに喜んでもらう、でもいいですし、感想を10件いただくでもいいと思います。
物語を完結させるなど、毎日更新するなど自分だけでできる目標もいいかと思います。
とにかく目的をはっきりさせることが上達への近道だと思います。

なぜこういった内容を書こうかと思ったかというと、それは、かつての自分のような、書籍化を目指す人の手助けに、わずかでもなればと思いました。
もちろん小説家になろうは書籍化を目指すためだけのサイトではありません。
ですが、自分が目指したいと思って努力したことは本当に良かったと思っています。
成し遂げたときには、思っていた以上にうれしいからです。
小説というのは、努力するだけの価値があるものだと思います。
なにより、多くの読者さんに届いて、喜んでもらえたときの喜びは、他のなによりもうれしいものです。

創作というのは孤独です。
なので誰かの体験談や、創作論が非常に役に立ちます。
自分は最初、ネット上で創作論や体験談を検索しまくりました。
それがなによりもの指標になって、モチベにもなりました。
なので自分も今回このような内容をお伝えさせていただきました!
自分と同じような気持ちの人、境遇の人を見るだけでも孤独が癒されます。
なのでぜひみなさんも仲間を作ってください。

自分はTwitterで多くの創作者さんや読者さんと交流をして、たくさん助けてもらいました。
それは小説のノウハウとかという意味ではなく、仲間として、同じく切磋琢磨できる仲間としてです。
たくさん応援してもらったり、いろんな情報をいただいたり、そうして今の自分があります。
書くときは孤独ですが、そうやって高め合える仲間を持つとさらにいいと思います。

では最後に、宣伝です。
この記事でも触れたとおり、確定レアドロップの書籍版が7月5日に出ます。
何卒宜しくお願い致します!

こちらAmazonのURLです!

https://www.amazon.co.jp/dp/4821146320/ref=cm_sw_r_tw_dp_X1ZDCXZSF7RVG5WBKBTP

落ちこぼれの少年が、確定レアドロップの能力にめざめてどんどん成り上がるストーリーです!
初めての書籍化で、自信作なのでぜひ読んでみてください!
ゲーム好きの方におすすめです!

それでは、みなさんの創作に幸あらんことを~!
投稿者:yuki 
お便りコーナー 2022年05月11日 11:07
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者であるこはるんるん先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、こはるんるん先生よりいただきました文面となります。

はじめまして。こはるんるんと申します。

小説家になろう様で「神を【神様ガチャ】で生み出し放題 ~実家を追放されたので、領主として気ままに辺境スローライフします~」
https://ncode.syosetu.com/n3720gy/
を連載しております。

ファンのみなさんの応援のおかげで、本作の2巻が5月17日に刊行されることになりました。

この場を借りてお礼を申し上げます。
Web版の読者さんにも楽しんでいただけるように、改稿とエピソードの大幅な追加をしています。
詳しくは電撃の公式サイトをご覧ください。
https://dengekibunko.jp/product/kamisamagacha/322201000081.html

ここからは、私が小説を書くために心がけていることをお話します。

それは『完璧にこだわらない』ことです。

売れている作品、人気のある作品を読むと、レベルの高さに愕然とすることがあります。特にうまくいかない時期が続くと、このレベルの小説を自分が書くことができるのだろうか?
と、悩んで自信を無くしてしまいがちです。

そんな時は、完璧にこだわらない。いきなり頂上を目指さないと、心の中で念じると楽になれます。

小説は書かなければ完成しませんが、自信を無くすと書けなくなります。
自信を無くす最大の原因が、完璧なものを作ろうとハードルを上げてしまうことだと思います。

ハードルを下げて、とにかく一日500文字でも書ければ大成功。
「うまくいかないかも知れないけど、書いてみよう」という気持ちが大事だと思います。
書いてみたら、意外と新しいアイディアが生まれてきて、うまくいくこともあります。
ただし、書かなければゼロのままなので何も生まれません。

完璧にこだわらず、コツコツ一歩ずつ進んで行くことが大事だと思います。

一緒に頑張りましょう!

このお便りがあなたの創作活動の参考になれば幸いです。
それでは、長々とありがとうございました。
投稿者:yuki 
< 前へ || 1 | 2 | 3 |...| 20 | 21 | 22 || 次へ >