【お便りコーナー】第105回:初枝れんげ@2/7追放嬉しい小説4巻&コミック1巻が発売・予約願先生
お便りコーナー 2022年02月04日 11:00
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である初枝れんげ@2/7追放嬉しい小説4巻&コミック1巻が発売・予約願先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、初枝れんげ@2/7追放嬉しい小説4巻&コミック1巻が発売・予約願先生よりいただきました文面となります。

お世話になっております。
初枝れんげです。

今回は『小説家になるために大事なたった一つのこと』という話題を提供させていただこうと思い、お便りを投稿させていただきました。

来たる2月7日に拙作『勇者パーティーを追放された俺だが、俺から巣立ってくれたようで嬉しい。……なので大聖女、お前に追って来られては困るのだが?』第4巻ならびにコミック第1巻が同時発売されます。
https://magazine.jp.square-enix.com/sqexnovel/series/detail/yuusyaparty/

イラストは柴乃櫂人先生に描いていただきました。コミックはくりもとぴんこ先生にガンガンONLINEで連載頂いてます。
無能扱いされた主人公が勇者パーティーから追放されるのですが、実はとんでもなく有能で、幼馴染の勇者パーティーを助ける役に徹していました。その主人公を追放してしまったがために、勇者パーティーはその後どんどん没落していくとともに、主人公はのんびりスローライフ……となるはずが、いつの間にか世界を救ったり、可愛いドラゴン娘を助けたり、追いかけて来た元勇者パーティーの大聖女さんといちゃこらするという話になっております。

さて本作ですが、やはり今回の本題である『小説家になるために大事なたった一つのこと』を守って執筆したものとなります。
これは私が日々心がけていること、と言ってもいいかもしれません。
それは何が何でも一日1時間の執筆時間は必ず確保する、ということです。

「なんだそりゃ」

とずっこけた方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれが出来ない人は、絶対小説家になることができないのです。
みなさまも考えてみてください。小説の長編を1冊書こうとしたら10万字程度は必要になります。
続刊すれば更に10万文字……といった具合になります。
絶対なれない、は言い過ぎかもしれませんが、10万文字を一気に執筆するのは至難の業であり、毎日コツコツ、雨の日も風の日も、ちょっとばかり調子の悪い日も、筆ののらない日も、PCを前にカタカタと原稿に手をつけることが必要なのです。

書けない日もあるでしょうし、書けても数百文字。時には十数文字の日もあるでしょう。
しかしそれでも『毎日少しずつでも前進する』ということが、小説を完成させるうえで、本当に大事なことなのです。

繰り返しますが、小説はだいたい一冊10万文字くらいです。
なろうで連載しているとなかなか気づけませんが、やはり書籍化ともなると、この十万文字を書く、ということが一つの大きな目安になるわけです。
まずはその長編を書くにあたり、毎日、休みなく書く事。そして10万文字書いて初めて手を止めて、少しばかり休む。
こうした、毎日書くことを習慣化する。そうして初めて長編小説というものが完成するのです。
もちろん、その完成した作品が書籍化するのかどうか、それは分かりません。しかし、完成させた長編小説はたくさんの学びを作家自身に与えてくれるでしょう。
そしてそれは、小説家になることの基本であり、最も重要な第1歩であると、私は思うのです。

以上です。
この内容が皆様の創作活動の参考になれば幸いです。
初枝れんげでした。
投稿者:yuki