【お便りコーナー】第100回: 馬路まんじ@9月25日マンガ版底辺領主&ブレスキ発売中!先生
お便りコーナー 2021年09月29日 10:02
小説家になろうをいつもご利用いただきありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である馬路まんじ@9月25日マンガ版底辺領主&ブレスキ発売中!先生よりお便りをいただきましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、馬路まんじ@9月25日マンガ版底辺領主&ブレスキ発売中!先生よりいただきました文面となります。

はじめましての方ははじめましてーー!!
「底辺領主の勘違い英雄譚」などを書いてる馬路まんじです!
ツイッターのほうでバーチャル美少女アイドルもやっておりますっ☆ みなさま覗いてみてくださいね!
(https://mypage.syosetu.com/1339258/)

え~このたび9月25日に『マンガ版・底辺領主の勘違い英雄譚』のコミックス(面白いッッッ!)と『ブレイドスキル・オンライン3巻』が同時発売となりました~!
ブレスキオンラインのほうもそのうちコミックが始まりますので、ぜひぜひ今の内に読んでみてみてくださいねっ!
霜降先生の絵がえちえちうまうまですっ! ネットなどでも購入できますのでぜひぜひ検索を!

ハイというわけでっ、前々前々回に続いて今回も書籍化するためのアドバイスを書いていこうと思います!
今回するアドバイス――それはずばり、『諦めること』です!

いざ連載を始めたもののイマイチ伸びないPV。
それをどうにかしようと面白いと思える展開をどんどん捻りだして書いていっても、どうにも改善しない。
でもまだだっ、きっとこの作品をいつか世に出してやるッ――と何年も頑張り続ける行為は、作家の寿命を大きく削る可能性が大です。

というのも、全力で自由に作品を書き続けられる時期は限られています。
家庭環境の変化によって集中して書くことが難しくなってしまったり、心身の病気や加齢によってフルパワーで書けなくなってしまったり、そもそも死んだり殺されたり……。
どんなトラブルが起きていつ途切れるかわからないのが作家生命です。

その大半をアマの時代の作品に注ぎ込んで、いざプロデビューした時に上記の『劣化』や『終わり』を迎えてしまったり、それ以前にデビューも出来ないまま燃え尽きてしまっては元も子もありません。

ゆえに、一つの作品を意地になって書籍化まで持っていこうとするのは、カッコいいけど悪手です。
そもそもネット小説の読者さんたちは決して甘くありません。
後半でどれだけ面白い展開を書いても、前半が面白くなければソコで切られてしまうことがほとんどでしょう。

――だからこそ、きっぱりと諦めましょうッ!!!
どんだけ愛している作品だろうが投げ捨てましょう!!!全力で諦めましょう!!!!
エンディングを書く練習と思ってザクッと閉めたり、大賞に放り込む弾として放置したりしちゃいましょう!!!!

……そしてプロデビューして名を上げた時にこそ、世に逆襲してやりましょうッ!
というわけで9月25日発売の『ブレイドスキル・オンライン3巻』には、書籍化の叶わなかった処女作である『ダークネスソウル・オンライン』のキャラたちがイラスト付きで出ちゃいますッ!やったああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!

そうしたワガママが通るようになったり、プロデビューした作品から読者さんたちが諦めた過去作に注目してくれることがあります!
ゆえにこそ、たとえ愛した作品だろうが愛されないなら諦めましょう!
明日の光を掴むためにイカロスの蝋翼のごとく燃やしちゃいましょう!
そしてプロになった暁にこそ、灰の山から引っ張り出して世間に投げつけてやりましょうッ!!!

大事なのは諦めることと諦めないこと! 作品を諦めようが心さえ諦めていなければ、夢は必ず叶います!
どうか諦めず、みんなで頑張っていきましょう!!!!
以上ですっ!(´;ω;`)
投稿者:bill