2017-06-14

【出版作品紹介】異世界弁護士(バリスター) 1・2・3

小説家になろうの作者:季菜こもちさんの書籍の紹介です。

・作品名 異世界弁護士(バリスター) 1
・作者名 季菜こもち
・イラストレータ lain
・発売日 2014年9月25日
・販売価格 1,296円(税込)
・購入方法 各書店様および各電子書店様等にて

・出版社 KADOKAWA/メディアファクトリー
・レーベル MFブックス
・ISBN 9784040669984

・内容
若き検察官、七階堂大樹(ななかいどう・だいき)。体制に取り込まれた彼は、上司に命令され、無実の者を死刑に導いてしまう。法廷を出た大樹を待っていたのは、包丁を持った被告人の家族だった。
胸を一突きにされ、死を覚悟した瞬間、彼の視界が歪む。
気が付くとエルフの巫女・エレナによって、人間が亜人を支配する世界に召喚されていた。そこは、なぜか日本の法律が適用され、六法全書が聖典のように扱われる世界。
見せ物と化した裁判で、亜人たちは次々と不当判決を受け、処刑されていく。彼らを救うため、大樹は立ち上がる。敵は魔法をも裁判に持ち込む無敗の検察官。
大樹は現世で得た知識だけを武器に弁護士(バリスター)として圧倒的に不利な状況に立ち向かってゆく――。



・作品名 異世界弁護士(バリスター) 2
・作者名 季菜こもち
・イラストレータ lain
・発売日 2015年1月23日
・販売価格 1,296円(税込)
・購入方法 各書店様および各電子書店様等にて

・出版社 KADOKAWA/メディアファクトリー
・レーベル MFブックス
・ISBN 9784040673578

・内容
若き法律家・七階堂大樹(ななかいどう・だいき)。彼は体制に飲み込まれ、冤罪を作り出してしまい、遺族による刃を受け死を覚悟する。
しかし、意識を取り戻した彼が見たものは、エルフやワイバーン、亜人たちが生きる異世界だった。
ある日、エルフの巫女・エレナの神殿に居候する大樹のもとに一通の手紙が届く。記されていたのは、『――近いうちに会いに行く。コンディメンデウスで待つべし』という一言だった。差出人は『ディロイガ』、この世界の首都に住む法務大臣であり、三十年前に異世界に法制度を施行した張本人からの手紙だった。
時を同じくして、大樹の持つ『現代の六法全書』が盗まれる。
今、異世界に渡った六法全書の秘密が明らかに!? 次元を超える法廷バトルが幕を開ける!



・作品名 異世界弁護士(バリスター) 3
・作者名 季菜こもち
・イラストレータ lain
・発売日 2016年9月23日
・販売価格 1,028円(税込)
・購入方法 各電子書店様等にて

・出版社 KADOKAWA/メディアファクトリー
・レーベル MFブックス

・内容
ディロイガにより、大樹の主張は全て退けられてしまう。ザグトーバたちを救うため、大樹は竜人の秘めたる技を使った苦渋の戦略を実行するが……。
今、時を超える奇跡の力が、異世界に渡った二つの六法の秘密を暴く!

category出版された作品  time11:27  authorrei