2014-05-26

【出版作品紹介】『大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector』

小説家になろうの作者:十文字青さんの書籍の紹介です。

・作品名  『大英雄が無職で何が悪い 01 Soul Collector』
・作者名  十文字青
・発売日  5月25日
・販売価格 640円(税別)
・購入方法 書店購入可能
・出版社 株式会社オーバーラップ(オーバーラップ文庫)
・ISBN 978-4-906866-80-9

・内容
「俺は大英雄キサラギだ。おまえはツイてる。最後に会ったのが、この俺なんだからな」
 〝目覚めよ。〟と言われて目覚めると、そこは見知らぬ世界だった。空に赤い月が輝く「まるでゲームのような」世界グリムガルで生き抜くために、とりあえず俺たちは戦うしかない……が、どうやって?
 手始めにオークをぶっ殺しに行った俺たちは、死にかけた冒険者から魔剣「ソウルコレクター」を託される。これさえあれば、戦士だろうが神官だろうが関係ない。「無職」のまま、本当に英雄になってやる。

・その他伝えたい事
『大英雄が無職で何が悪い』は今後も「小説家になろう」さんで不定期ではありますが連載させていただくつもりです。5月22日現在、外伝「大英雄になれなくて何が悪い」を連載中だったりもしますので、どうかよろしくお願いします。
category出版された作品  time15:34  authorkuro