2015-05-27

【お便りコーナー】第22回:水鏡智貴先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である水鏡智貴先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、水鏡智貴先生よりご連絡いただきました文面となります。



皆さま初めまして。HRsukiと申します。
現在は、ペンネームとなりました水鏡智貴に改名しております。

この度、フランス書院さんより処女作が発刊されることになりまして、
これまで私が身に付けたことを皆様にお伝えしたいと思いました。
現在、「小説家になりたい方への執筆講座(上級編)」として書かせて戴いております。

プロの小説家になるということがどういう事なのか?などの精神論から、
魅力的なヒロインの描き方などの技術的な事柄まで、
色々と書いていきたいと思っております。


さて、今回は雑談ということで、皆様に一つ問わせて戴きたいと思います。

「皆様の武器は何ですか?」

言い直せば、皆様が書かれる小説は、どのような点が他の作家さんに無い点ですか?
という意味です。

これが、ライトノベル受賞要件でいうところの「斬新さ」に繋がっていきます。
(私はライトノベル作家ではなく、官能小説作家ですけど(;^_^A )

私が何を武器にしているのか、他の作家さんとどこが違うのかは、皆様の目でお確かめください。
しかしながら一つだけ言わせて戴くなら、
臨床心理を少しだけ勉強しましたので、それが武器になっているとは思っています。

歩まれた人生に無意味なものなどありません。人生の軌跡が小説の下地となり、
またそれが自分だけが持つ「武器」になっていきます。
他人の武器ではなく、ご自身の武器で勝負するだけでも小説家の道は近づくと私は思います。


皆様には、皆様だけが持つ武器があり、それが斬新さである。
そのことをお伝えしたいと思い、メッセージを送らさせて戴きました。
categoryお便りコーナー  time15:55  authorrame