2018-01-31

【お便りコーナー】第56回: 初枝れんげ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である初枝れんげ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、初枝れんげ先生よりご連絡いただきました文面となります。



いつもお世話になっております。
小説家になろう様で「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」http://ncode.syosetu.com/n9759dd/ を連載させて頂いている、初枝れんげです。

2月10日に第2巻が無事出版される運びとなりましたので、この場を借りて皆様にはお礼申し上げますとともに、わたしごときが僭越ですが、新人の方へ、どうすれば書籍化できるかについてアドバイスをさせて頂きたいと思い、筆をとらせて頂きました。

前回も1度ここで掲載させて頂いた時は、要するに「自分なりに時間を確保する術を身につけて下さいね」という身もふたもない意見を書いてしまいました。

ですが、よく考えてみれば、新人の方の中には、書きたいのにそもそも筆が動ない、であるとか、キャラクターが書けない、といった類の悩みをお持ちの方も多数いらっしゃるのではないかと思い当たりました。

これは私の不徳の致すところ。

今回はそのあたりについてお話できればと考えています。

さて、書きたいけれど書けない。

分かります。私も十年くらい全然筆が動きませんでした。書きたいけど書けない。つらいところだと思います。

これを解決する手段は大きく2つあると思っています。間違っているかもしれませんが、その時は忘れて下さい。有益な情報だけ、獲得してくださればよいと思います。

まず一つ目。キャラクターを先に作る、ということです。

特にライトノベルというのはキャラクター小説と言われるくらいで、キャラありき、みたいなところがあります。

いきなりオリジナルはつらいかもしれません。そんな時は好きな漫画とか映画とかアニメとかドラマとか、なんでもいいです。何でもいいので、そのキャラクターたちをイメージの中で動かしてください。2人以上、用意して、実際に会話をさせてみてください。

どうでしょうか? 何か始まりませんかね? 喧嘩したり、丁々発止のやりとりをしたり、なぜか意気投合したりするでしょう? しなかったらごめんなさい。

でも、キャラクターはそういうものなんです。そう、キャラクターは勝手に動いて、勝手にストーリーをつむいでくれます。作家の都合なんておかまいなしに。ともかくいう事をきいてくれません! そして、そこから、ストーリーとかプロットとか、そういったものが着想されていきます。それをつなげていけば、小説になるのです。

それが一つ目。キャラクターから物語を構築する方法でございます。オリジナルのキャラクターが出来て勝手に動き始めたら、それは小説の赤ちゃんが産声を上げ始めたと思って差し支えありません!

さて、二つ目。それはプロットから先に作る方法。

プロットなしでババーンといきなり書いちゃえる天才が世の中にはおります。実在します。でも、それはごくわずかっぽく、私も残念ながら天才ではありません。プロットを作って、地道にストーリーを肉付けていきます。

邪魔くさがってプロットを作らなかったり、何となく曖昧な感じにしてしまっている方は、書こうと思ってもその部分で混迷してしまって、筆が止まってしまう。そういう事態に陥りがちです。プロットはストーリーの点であり、そしてその点は「魅力的」でなくてはいけないと私は考えております。退屈な点がないよう細心の注意を払いながら、点を構築する。そうすれば、あとはその点を線でつないでいけば、あら不思議、魅力的な物語=小説になるのですっ?

…と、以上、偉そうに申し上げました。

いかがでしょうか? 読み返してみると当たり前のことしか言ってません。

ですが、この当たり前が出来るようになると、きっと執筆が軽快に、軽やかに、楽しくできること請け合いです!

ぜひ、幸福な執筆ライフを。死ぬまで出来る稀有な趣味ですからね!



あと、最後に少しだけ。

「異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件」第2巻、TOブックス様より2月10日発売。Web版とは大きく変化した書下ろしストーリーをお楽しみに!

主人公のマサツグ君はもちろん、永遠のライバル・ミヤモト君も大活躍するぞ!
categoryお便りコーナー  time11:46  authornana