2016-06-08

ダイジェストへの対応変更に伴う運営対応の基準について

いつも小説家になろうグループをご利用頂きありがとうございます。

この度、変更を行ないました小説家になろうグループにおけるダイジェストの取り扱いに関して、どういった作品が運営対応の対象となるのかというご質問を多くいただいております。

利用規約にもございますように小説家になろうは「商業用の広告、宣伝又は勧誘を目的とするテキスト等の情報」の投稿を禁止しております。
書籍化したことにより出版した部分が小説家になろうで読めなくなるケースにつきましても、本来は作品の部分掲載による商業利用として対応の対象と考えられる内容となります。

ですが、過去に作者の方より「書籍化契約上全文の掲載は難しいが小説家になろうでの連載を継続したい」とのご相談を頂き、読み物としての体裁を為すに十分な描写・文章量をご準備いただくことを条件として対応を見送ってまいりました。

小説家になろうでの作品掲載は小説家になろう掲載分のみで読者の方にお楽しみいただけることを前提としております。
読み物としての体裁を為すに十分な描写・文章量をご準備いただくという条件を付加いたしましたのもこの為です。

しかしながら、昨今ではダイジェスト化が行なわれた作品について上記の前提が揺らいでいるのではとのご意見を多くいただいております。
実際にダイジェスト作品の中には差替え部分の記述と連載継続分の記述が大きくかけ離れているものも見受けられます。

そういった作品は差替え前の文章をご存じの方、また書籍を読まれたことで該当部分の情報を既にご存じの方にとっては有用と考えますが、一から作品を読まれる新規の読者の方に楽しんでいただくには、難しい状況となっていたと考えております。

そういった状況を踏まえまして、運営内にてダイジェスト作品の取り扱いについて改めて検討を行ないました結果、「作品掲載は小説家になろう掲載分のみで読者の方にお楽しみいただけること」という前提を堅守するため、今回の対応変更を運営として選択した次第です。


今回の運営対応の基準といたしましては「書籍化等に伴って元の作品本文を取り下げ、本編のストーリーに沿った何らかの文章に差し替えた部分を含む作品であるか」となります。

今回の対応の対象となります作品の作者の方、読者の皆様に対しましては、多大なるご負担をおかけしておりますこと、大変心苦しく思っております。

今後も小説家になろう運営は新たな作品との出会いの場として作者の皆様、読者の皆様にとってより良いサイトであれるよう尽力して参りますので、今後とも小説家になろうグループをよろしくお願い致します。
categoryお知らせ  time11:20  authorrame