2016-05-27

【お便りコーナー】第30回:鬼影スパナ先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である鬼影スパナ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 鬼影スパナ先生よりご連絡いただきました文面となります。



みなさまはじめまして。
「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」を書いてる鬼影スパナです。
(http://ncode.syosetu.com/n5490cq/)

おかげさまで2016年4月に書籍化しまして、ラノベ作家になるという長年の夢がかないました。
このあいだ重版も決まりまして、ひゃっほう、です。

私は運よく日刊ランキングに載ってランキングを駆け上がることができまして、
日刊ランキング1位とかの激流に身を任せてどうにかしてたら作家になっていた……そんな感じです。
さすがは「小説家になろう」といったところでしょうか。

ついでに言うと、日刊ランキングは「載ったら終わり」ではありません。
日刊ランキングに載ったらそこが「始まり」なのです。
むしろそこで毎日投稿を続けたのが大事なことだったな、と今では思います。いやぁストックがあるうちに日刊載れて良かった……

と、そんな私は兼業作家で、作家とは別に本業があります。
実は、この「本業が別にある」というのが私が作品を書く上で大事なことなのです。

逃避エネルギー、というのをご存じでしょうか。
『テスト勉強を始めると無性に部屋の掃除がしたくなるアレ』です。

そう。つまり本業が忙しければ忙しいほど、無性に小説が書きたくなるのです。
ついでに収入的な意味でも心に余裕が生まれます。
特に私なんかは小心者なので、余裕がないと書けるものも書けなくなります。
なので、本業のおかげで良い循環を作ることができました。

さあ、小説家を目指していて他の仕事なんかしたくないと考えてる人。
逆です。小説家を目指してるからこそ他の仕事をするのです。
ついでに仕事の経験を生かしてリアルな表現ができるように!ひゅう!
小説は知識や経験をダイレクトに活かせるモノですから、何をしても無駄にはなりませんよ。仕事もうまく利用しましょう。


で、そんな仕事をしていて「働きたくない」という気持ちをぶつけた本作、良ければぜひ手に取って見ていってくださいな。

『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで1』(著:鬼影スパナ/絵:よう太)
http://over-lap.co.jp/865541182/

それでは、これからもよろしくお願いします。
categoryお便りコーナー  time17:53  authorrame