2015-06-01

【出版作品紹介】用務員さんは勇者じゃありませんので 2

小説家になろうの作者:棚花尋平さんの書籍の紹介です。

・作品名 用務員さんは勇者じゃありませんので 2
・作者名 棚花尋平
・イラストレータ 巖本英利
・発売日 2015年5月25日
・販売価格 1,200円(税込)
・購入方法 書店購入可能、各種ネット販売
・出版社 株式会社KADOKAWA
・レーベル MFブックス
・ISBN 9784040676647

・内容
無茶な強制依頼を出した支部長をやり込めてから九十日。蔵人は相変わらず塩漬け依頼をこなす日々を送っていた。
そんなある日、協会で蔵人の『加護』を盗んだハヤト・イチハラ(一原颯人)のパーティメンバーと遭遇してしまう。
なんとか気付かれずにその場をやり過ごした蔵人は、ハヤト本人が近くまで来ていると察知し、山に引き篭もった。
五日後、アカリの無実を証明するために奔走したマクシームが帰還。彼が引き連れてきた『月の女神の付き人』という一団と、怪物による村の襲撃事件をきっかけに、その後蔵人とハヤトは対峙することとなる。
果たして蔵人のとる行動とは。そして、アカリの審議の行方は……。
勇者と用務員さんの因縁の対決がついに始まる!?

・その他伝えたい事
 一巻をお買い上げいただいた方、お読みいただいた方、ありがとうございます。
 おかげさまでついに、二巻が出ます。
 二巻で本作に共通して流れる空気感がはっきりと分かると思います。好き嫌いも分かれてしまうかもしれません。それでも、一度読んでいただければ幸いです。
 アカリがヒロインらしく行動し、蔵人が主人公らしく振舞い、雪白が健気に頑張る。
 大まかに、ざっくりと、詳細を省いて言えばそんな話です。……若干、語弊があるかもしれませんが。
 それでは、よろしくお願い致します。
category出版された作品  time14:26  authorkuro