2016-12-07

【出版作品紹介】戦国小町苦労譚 四、第一次織田包囲網

小説家になろうの作者:夾竹桃さんの書籍の紹介です。

・作品名 戦国小町苦労譚 四、第一次織田包囲網
・作者名 夾竹桃
・イラストレータ 平沢 下戸
・発売日 2016年12月15日
・販売価格 1,296円(税込)
・購入方法 全国書店にて。
・出版社 アース・スター エンターテイメント
・レーベル アース・スターノベル
・ISBN 9784803009781

・内容
続々重版中の人気シリーズ!

兵器開発にグルメ三昧、そして……戦国動物園創設!?
第一次織田包囲網を前に、タイムスリップJK静子の秘策とは?


1569(永禄12)年、信長の伊勢平定は目前という頃。
今や織田家の重鎮となった静子のテーマは「物資の生産基盤を整えること」「火器の研究開発」だった。
しかも戦の合間に信長や濃姫たちをもてなすべく、ざるそば、コーヒー、プリンにアイスクリーム、バウムクーヘンなど、グルメ探究にも精を出す静子。
その上、宣教師からの献上品である「オウギワシ」「シェパード」「ターキッシュアンゴラ」「孔雀」「ゾウガメ」たちを保護できる施設が必要になり、果ては、動物園創設にも着手しなければいけなくなって!?

戦の常識を覆す一品の開発にも成功し、いよいよ姉川の戦いに突入しようとするが――
静子の影響で歴史は変わるのか? 大人気戦国ファンタジーに目が離せない!

・その他伝えたい事
販促に力を入れたためタイトなスケジュールとなりましたが、無事原稿を上梓することが出来ました。
関係者各位にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

夏に三巻が出たばかりなのに、もう四巻発売と言う刊行ペースに驚いております。
予想以上の好評をいただいているようで、著者として幸甚の至りです。
急に冷え込み寒さの厳しい冬が予想されるなか、手前みそで恐縮ですが、温かい室内で読書をされる際にオススメできる一冊となっていると思います。
Web版ではストーリーのテンポを優先し、泣く泣く割愛した余話も盛り込み書籍版ならではのお得感が出せたのではないかと思います。
ページ数自体は既刊よりも少なくなりましたが、出し惜しみではありません。もう少し収録して欲しかったのですがページ数の都合で断念しました。
次巻を出版することが叶えば、冒頭から盛り上がるエキサイティングな巻となると思います。

この四巻では今までに倍する数の店舗購入特典をご用意しました。スケジュールはタイトになりましたが、苦労した甲斐はあったと思っております。
本編では語られない小話やギャグ色の強い話なども書いております。特典が付いている書店で購入して頂き目にして頂ければ光栄です。

それでは、今後ともWeb版と書籍版をよろしくお願い申し上げます。

category出版された作品  time11:20  authorrei