2016-07-28

【お便りコーナー】第32回:卯堂 成隆先生

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。
この度、小説家になろう登録作者である卯堂 成隆先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。

以下、 卯堂 成隆先生よりご連絡いただきました文面となります。



 皆様はじめまして!
 卯堂 成隆と申します。
 自分が「小説家なろう」に登録してからずいぶんと時間がたちましたが、ついに自分も書籍化することになりました。
 応援してくださった方々には感謝することしきりです。

 さて、ここで一つ自分も書籍化するために心がけてきたことをいくつかご紹介……といいたいところですが、たぶん他の方々がすでに口にしているようなことになってしまうので、少し趣向を変えてみようと思います。

 自分が語ること……それは、『小説家になろうをあと10年楽しむためにはどうするべきか?』です。
 お前ごときが何を言っているのかと思う方もいらっしゃるでしょうが、わりとなろうを長く見てきた人間の一人の意見としてお聞きくださればと思います。

 まず前提として、人は飽きる生き物です。
 いくらなろうの人気テンプレートでも、同じような話が多くなれば食傷気味になってしまうというのが人というもの。
 事実、なろうにおける人気作品のほとんどがテンプレートであるとはいっても、そのテンプレートの内容は時代とともに変化してまいりました。

 卯堂がこのサイトにお世話になりはじめたころは、異世界チートがまさに流行しはじめたところで、他には「周囲からは冴えない奴だと判断されているけど実はすごい!」みたいなテンプレートが多かったような気がします。
 あと、今ではカテゴリー自体がなくなってしまいましたが、いわゆる学園モノが多かった気がしますね。

 そのあとも、VRMMOの世界に転生する話や、ゲームの中の悪女に転生する話など、様々なテンプレートが生まれてきました。
 ですか、昔人気だったテンプレートが今はもう通用しないか?というと、実はそうでもないのです。
 理由としては、多種多様なテンプレートが生み出されてきたおかげで、それらのテンプレートが飽きられることがないからだと思っています。


 さて、ウェブを色々と見て回っていると、小説家になろうのことを「テンプレート小説しかない場所」と評価される方をよく拝見しますが、本当にそうなのでしょうか?

 卯堂は小説家になろうという場所を、『テンプレート小説しかない場所』ではなく、『数多くのテンプレートを生み出し続けてきた場所』だと思っています。
 そして、それだからこそここまで多くの人が集まり、そして作品を生み出す場所になったのではないでしょうか?

 テンプーレートを悪く思う方もいらっしゃいますが、自分はそうではないと思います。
 むろん悪い部分もありますが、それを補って余りあるほどの利点があるからです。
 テンプレートは、書き手が作品を作るための垣根を低くして、読者に安定した満足感を与えるというすばらしい効果がある。
 そういう見方は出来ないでしょうか?

 ここまで話せば、おそらく自分の言いたいことが分かってしまった人もいると思います。

 そう。
『小説家になろうをあと10年楽しむためにはどうするべきか?』
 その答えは、
『あと10年、次々に新しいテンプレートを生み出せる環境であればよい』
 だと思うのです。


 では、具体的にどうすればいいのか?

 作家の方、たまにでもいいのでテンプレート以外の作品も書いてみましょう!
 思いつきでもいいのです。
 たとえそのときは評価されなくても、数を撃てばそのうち当たります。
 自分を底辺だと思ったりしないで、自分が面白いと思ったものはまず書いてみましょう!
 次の新しいテンプレートを作るのは、そんな貴方です!

 読者の方、面白いと思った作品は、迷わずに全力で応援してあげてください!
 そして自分には合わないと思った作品も、誰かにとっては大切な作品です。
 広い心で見守ってあげてください。

 そして、そんな貴方たちによって新しいテンプレートが生み出される限り、小説家になろうは10年でも、20年でも楽しめる場所であり続けるでしょう。

 ……というわけで、恥ずかしいことを散々語った後で少しだけ宣伝を。
 2016/8/10、拙作『革細工師はかく語りき』がマックガーデンさんから発売されます。
 イラストレーターさんの鈴ノさんもすばらしい絵を描いてくださったので、もしよろしかったら手にとって見てくださいませ。
categoryお便りコーナー  time17:42  authorrame